内川コピペ

    引用元:http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1496754412
    3

    1:風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/06(火) 22:06:52.03 ID:bJQi/fxv0.net
    敵地、メットライフドームで迎えた西武戦
    先発菅野が大量失点、打線も勢いを見せず惨敗だった
    ドームに響くファンのため息、どこからか聞こえる「20連敗敗だな」の声
    無言で帰り始める選手達の中、昨年の首位打者坂本は独りベンチで泣いていた
    WBCで手にした栄冠、喜び、感動、そして何より信頼できるチームメイト・・・
    それを今の巨人で得ることは殆ど不可能と言ってよかった
    「どうすりゃいいんだ・・・」坂本は悔し涙を流し続けた
    どれくらい経ったろうか、坂本ははっと目覚めた
    どうやら泣き疲れて眠ってしまったようだ、冷たいベンチの感覚が現実に引き戻した
    「やれやれ、帰ってトレーニングをしなくちゃな」坂本は苦笑しながら呟いた
    立ち上がって伸びをした時、坂本はふと気付いた

    「あれ・・・?お客さんがいる・・・?」
    ベンチから飛び出した坂本が目にしたのは、外野席まで埋めつくさんばかりの観客だった
    千切れそうなほどに旗が振られ、地鳴りのようにジャイアンの応援歌が響いていた
    どういうことか分からずに呆然とする坂本の背中に、聞き覚えのある声が聞こえてきた
    「ハヤト、守備練習だ、早く行くぞ」声の方に振り返った坂本は目を疑った
    「あ・・・阿部さん?」  「なんだシャカ、居眠りでもしてたのか?」
    「よ・・・ラミレス監督?」  「なんだ坂本、かってにラミちゃんを引退させやがって」
    「小笠原さん・・・」  坂本は半分パニックになりながらスコアボードを見上げた
    1番:坂本 2番:松本 3番:小笠原 4番:ラミレス 5番:谷 6番:亀井 7番:阿部 8番:木村拓哉 9番:内海
    暫時、唖然としていた坂本だったが、全てを理解した時、もはや彼の心には雲ひとつ無かった
    「勝てる・・・勝てるんだ!」
    原辰徳からグラブを受け取り、グラウンドへ全力疾走する坂本、その目に光る涙は悔しさとは無縁のものだった・・・

    翌日、ベンチで冷たくなっている由伸が発見され、吉村と村田は病院内で静かに息を引き取った
    この記事の続きを読む

    引用元:http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1496626832
    3

    1:名無しさん 2017/06/05(月)10:40:32 ID:A7a
    横浜スタジアム、ホームベースの真中の戦い
    スタートリーグの三浦は多くのポイントを失ったが、打撃ラインは勢いを失い、破滅的な敗北だった
    スタジアムを攻撃するファンからの一呼吸、「今はどこが100の損失ですか?」という声が聞こえます。
    黙って帰ってきた選手の中で、昨年のトップ打者の内田は自分のベンチで泣いていた
    クラウン、喜び、興奮、そして信頼できるチームメイト、WBCに...
    私は横浜でそれを手に入れるのはほとんど不可能だと嬉しかった
    「何をしたいのですか...」内川は後悔し続けていた
    宇川は最終的にどれくらいの時間が経過したか目を覚ました。
    どうやら私は疲れて眠りに落ち、冷たいベンチの感覚は現実に戻った
    "少年、私は戻って行かなければならない。"内田は笑いながら呟いた
    立ち上がって伸びると、内川は突然気づいた

    "それ... ...あなたは顧客を持っていますか?"
    ベンチから飛び出した内川は、外野席に埋葬された観衆
    旗が千分の一に切り取られる程度に揺れていたが、ビヨンドの応援歌は轟音のように反響した
    私はそれが何だったのか知らずに唖然とした内川の背中に身近な声を聞くことができた
    「誠一、守備練習、早く行くよ」声に戻った内川は目を疑っていた
    "蘇...鈴木さん?" 「なんで地獄だったの?」
    "コ...コマーダのコーチ?" 「何してるの、内川、駒田さんを退職させてやるよ」
    「石井さん...」内川はスコアボードを見上げ、半分はパニックになりました
    第1号:石井卓2:信長3:鈴木隆4:ローズ5:駒田6:内川7:新堂8:谷9:斎藤隆
    内川はしばらく唖然としていたが、すべてを理解すると、もはや心の中に雲がなかった
    "私は勝つことができます...私は勝つことができます!"
    中川から取って地面に全力を尽くす内川は、涙の目は後悔しない。

    翌日、ベンチで寒くなっている内川が見つかり、吉村と村田は静かに病院でゆっくりと呼吸した
    この記事の続きを読む

    引用元:http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1496581012
    3

    1:風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/04(日) 21:56:52.78 ID:WepFy+BT0.net
    本拠地、東京ドームで迎えたオリックス戦
    先発田口が大量失点、打線も勢いを見せず惨敗だった
    ドームに響くファンのため息、空調の音、どこからか聞こえる「20連敗敗だな」の声
    無言で帰り始める選手達の中、昨年の首位打者坂本は独りベンチで泣いていた
    WBCで手にした栄冠、喜び、感動、そして何より信頼できるチームメイト・・・
    それを今の巨人で得ることは殆ど不可能と言ってよかった
    「どうすりゃいいんだ・・・」坂本は悔し涙を流し続けた
    どれくらい経ったろうか、坂本ははっと目覚めた
    どうやら泣き疲れて眠ってしまったようだ、冷たいベンチの感覚が現実に引き戻した
    「やれやれ、帰ってトレーニングをしなくちゃな」坂本は苦笑しながら呟いた
    立ち上がって伸びをした時、坂本はふと気付いた

    「あれ・・・?お客さんがいる・・・?」
    ベンチから飛び出した内川が目にしたのは、外野席まで埋めつくさんばかりの観客だった
    千切れそうなほどに旗が振られ、地鳴りのようにジャイアンの応援歌が響いていた
    どういうことか分からずに呆然とする坂本の背中に、聞き覚えのある声が聞こえてきた
    「ハヤト、守備練習だ、早く行くぞ」声の方に振り返った坂本は目を疑った
    「ま・・・松井さん?」  「なんだシャカ、居眠りでもしてたのか?」
    「よ・・・由伸監督?」  「なんだ坂本、かってに由伸さんを引退させやがって」
    「阿部さん・・・」  坂本は半分パニックになりながらスコアボードを見上げた
    1番:清水 2番:仁志 3番:高橋由 4番:松井 5番:●● 6番:江頭 7番:阿部 8番:坂本 9番:上原
    暫時、唖然としていた坂本だったが、全てを理解した時、もはや彼の心には雲ひとつ無かった
    「勝てる・・・勝てるんだ!」
    二岡からグラブを受け取り、グラウンドへ全力疾走する坂本、その目に光る涙は悔しさとは無縁のものだった・・・

    翌日、ベンチで冷たくなっている内川が発見され、吉村と村田は病院内で静かに息を引き取った
    この記事の続きを読む

    引用元:http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1496283275
    06]

    1:名無しさん 2017/06/01(木)11:14:35 ID:u2k
    敵地、Koboパーク宮城で迎えた楽天戦
    先発吉川が大量失点、打線も勢いを見せず惨敗だった。
    スタジアムに響くファンのため息、どこからか聞こえる「ヨシノブやめろ」の声
    無言で帰り始める選手達の中、パンダは独りベンチで座っていた
    グラウンド内外から聞こえる采配批判、罵声、そして何よりこの球団からの支配・・・
    一刻も早く今の巨人から退団したかったが、それは殆ど不可能と言ってよかった
    「どうすりゃ辞められるんだ・・・」高橋は真顔で呟いた
    どれくらい経ったろうか、高橋ははっと目覚めた
    どうやら疲れて眠ってしまったようだ、冷たいベンチの感覚が現実に引き戻した
    「やれやれ、早く晩飯にしなくちゃな」高橋は苦笑しながら呟いた
    立ち上がって伸びをした時、高橋はふと気付いた

    「あれ・・・?お客さんがいる・・・?」
    ベンチから飛び出した高橋が目にしたのは、外野席まで埋めつくさんばかりの観客だった
    千切れそうなほどに旗が振られ、地鳴りのようにスワローズの応援歌が響いていた
    どういうことか分からずに呆然とする高橋の背中に、聞き覚えの無い声が聞こえてきた
    「ヨシノブ、守備練習だ、早く行くぞ」声の方に振り返った高橋は目を疑った
    「い・・・飯田さん?」  「なんだヨシノブ、居眠りでもしてたのか?」
    「ま・・・真中監督?」  「なんやヨシノブ、かってに真中を引退させやがって」
    「古田さん・・・」  高橋は半分パニックになりながらスコアボードを見上げた
    1番:飯田 2番:真中 3番:高橋由 4番:古田 5番:土橋 6番:池山 7番:ムートン 8番:度会 9番:石井一
    暫時、唖然としていた高橋だったが、全てを理解した時、もはや彼の心には雲ひとつ無かった
    「楽しい・・・楽しいんだ!」
    稲葉からグラブを受け取り、グラウンドへ全力疾走する高橋、その目には数年ぶりに光るものが浮かんでいた・・・

    翌日、ベンチで笑顔のまま冷たくなっている高橋が発見され、吉村と村田は病院内で静かに息を引き取った
    この記事の続きを読む

    引用元:http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1495111009
    キャプチャ

    1:名無しさん 2017/05/18(木)21:36:49 ID:Y4V
    本拠地、ZOZOマリンで迎えたライオンズとの直接対決
    ロッテは毒にも薬にもならないパラデスの一発程度のハイライトとなり、0-5で敗戦。怒涛の8連敗となった。
    スタジアムに響くファンのため息、どこからか聞こえる「あと10連敗で新記録やぞ!」の野次

    無言で帰り始める選手達の中、伊東勤は独り、一塁側のベンチで泣いていた
    西武時代に手にした栄冠、喜び、感動、そして何より信頼できるチームメイト・・・
    それを今のマリーンズで得ることは殆ど不可能と言ってよかった

    「どうすりゃいいんだ・・・」伊東は悔し涙を流し続けた
    どれくらい経ったろうか、伊東はっと目覚めた
    どうやら泣き疲れて眠ってしまったようだ、冷たいベンチの感覚が現実に引き戻した
    「やれやれ、バイトルドットコムに登録しなきゃな・・・」
    伊東は苦笑しながら呟いた
    立ち上がって伸びをした時、伊東ふと気付いた

    「あれ・・・?まだお客さんがいる・・・?」
    ベンチから飛び出した伊東が目にしたのは、外野席まで埋めつくさんばかりの観客だった
    千切れそうなほどに旗が振られ、地鳴りのように西武の応援歌が響いていた
    どういうことか分からずに呆然とする伊東の背中に、聞き覚えのない声が聞こえてきた

    「伊東、何ボーッとしてるんだ。早く行くぞ」声の方に振り返った伊東は目を疑った
    「あ、秋山…?」

    「なんだ伊東、勝手に秋山を監督にしやがって」
    「辻さん…」
     
    「伊東さん、ダメでしょ辻さんを勝手に監督にしちゃ。」
    「工藤…」

    伊東は半分パニックになりながらスコアボードを見上げた

    (二)辻
    (右)平野
    (中)秋山
    (一)
    (指)デストラーデ
    (三)石毛
    (遊)田辺
    (捕)伊東
    (左)吉竹
    投 工藤



    暫時、唖然としていた伊東だったが、全てを理解した時、もはや彼の心には雲ひとつ無かった
    「勝てる・・・勝てるんだ!」
    森監督からグラブを受け取り、グラウンドへ全力疾走する伊東、その目に光る涙は悔しさとは無縁のものだった・・・

    翌日、ベンチで冷たくなっている内川が発見され、村田と吉村も病院で静かに息を引き取った
    この記事の続きを読む

    引用元:http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1491485293
    キャプチャ

    1:名無しさん 2017/04/06(木)22:28:13 ID:1Vi
    本拠地、名古屋ドームで迎えた広島戦
    抑え田島が大量失点、打線も繋がりを見せず惨敗だった
    ドームに響くファンのため息、どこからか聞こえる「今年は荒木2000本無理だな」の声
    無言で帰り始める選手達の中、平田は独りベンチで泣いていた
    WBCで手にした栄冠、喜び、感動、そして何より信頼できるチームメイト・・・
    それを今の中日で得ることは殆ど不可能と言ってよかった
    「どうすりゃいいんだ・・・」平田は悔し涙を流し続けた
    どれくらい経ったろうか、平田ははっと目覚めた
    どうやら泣き疲れて眠ってしまったようだ、冷たいベンチの感覚が現実に引き戻した
    「やれやれ、帰ってトレーニングをしなくちゃな」平田は苦笑しながら呟いた
    立ち上がって伸びをした時、平田はふと気付いた

    「あれ・・・?お客さんがいる・・・?」
    ベンチから飛び出した内川が目にしたのは、外野席まで埋めつくさんばかりの観客だった
    千切れそうなほどに旗が振られ、地鳴りのように燃えよドラゴンズが響いていた
    どういうことか分からずに呆然とする内川の背中に、聞き覚えのある声が聞こえてきた
    「リョウスケ、守備練習だ、早く行くぞ」声の方に振り返った平田は目を疑った
    「い・・・井端さん?」  「なんだデブ、居眠りでもしてたのか?」
    「お・・・大西コーチ?WBCは終わったんじゃ?」  「なんだ平田、かってに俺のカルビをつまみ食いしやがって」
    「村田さん・・・」  平田は半分パニックになりながらスコアボードを見上げた
    1番:大島 2番:中井 3番:坂本 4番:阿部 5番:マギー 6番:内川 7番:平田 8番:小林 9番:菅野
    暫時、唖然としていた平田だったが、全てを理解した時、もはや彼の心には雲ひとつ無かった
    「移籍・・・移籍したんだ!」
    寺内からグラブを受け取り、グラウンドへ全力疾走する平田、その目に光る涙は悔しさとは無縁のものだった・・・

    翌日、ベンチで冷たくなっている平田が発見され、吉村と村田は病院内で静かに息を引き取った
    この記事の続きを読む

    引用元:http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1489499632
    キャプチャ

    1:名無しさん 2017/03/14(火)22:53:52 ID:BW2
    本拠地、東京ドームで迎えたキューバ戦
    自身は逆転犠牲フライを打つも、次の山田が2ランホームランで完全に話題をさらわれた
    スタジアムに響くファンの歓声、どこからか聞こえる「やっぱりスターだな」の声
    笑顔で帰り始める選手達の中、本来称えられるはずの内川は独りベンチで泣いていた
    横浜で手にした栄冠、喜び、感動、そして何より信頼できるチームメイト・・・
    それを今の日本で得ることは殆ど不可能と言ってよかった
    「どうすりゃいいんだ・・・」内川は悔し涙を流し続けた
    どれくらい経ったろうか、内川ははっと目覚めた
    どうやら泣き疲れて眠ってしまったようだ、冷たいベンチの感覚が現実に引き戻した
    「やれやれ、終電前に改札入らなくちゃな」内川は苦笑しながら呟いた
    立ち上がって伸びをした時、内川はふと気付いた

    「あれ・・・?お客さんがいる・・・?」
    ベンチから飛び出した内川が目にしたのは、外野席まで埋めつくさんばかりの観客だった
    千切れそうなほどに旗が振られ、地鳴りのようにサムライジャパンの応援歌が響いていた
    どういうことか分からずに呆然とする内川の背中に、聞き覚えのある声が聞こえてきた
    「セイイチ、守備練習だ、早く行くぞ」声の方に振り返った内川は目を疑った
    「い・・・稲葉さん?」  「なんだアゴ、居眠りでもしてたのか?」
    「イチローさん、、」  「なんだ内川、かってに稲葉さんを引退させやがって」
    「faridyu・・・」内川は半分パニックになりながらスコアボードを見上げた
    1番:イチロー 2番:中島 3番:青木 4番:城島 5番:小笠原 6番:内川 7番:栗原 8番:稲葉 9番:片岡  投:岩隈
    暫時、唖然としていた内川だったが、全てを理解した時、もはや彼の心には雲ひとつ無かった

    「勝てる・・・勝てるんだ!」
    川崎からグラブを受け取り、グラウンドへ全力疾走する内川、その目に光る涙は悔しさとは無縁のものだった・・・

    翌日、ベンチで冷たくなっている内川が発見され、吉村と村田は病院内で静かに息を引き取った
    この記事の続きを読む

    引用元:http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1485995669
    dafa

    1:名無しさん 2017/02/02(木)09:34:29 ID:YUM
    なにわ、京セラドームで迎えた阪神戦
    先発石川・第二先発藤浪が炎上、大事をとって大谷を外した打線も反撃及ばず終戦。
    スタジアムに響くファンのため息、どこからか聞こえる「今年は1次ラウンド敗退かもな」「大谷がいれば…」「全部小久保だけが悪い」の声
    無言で帰り始める選手達の中、小久保は独りベンチで泣いていた
    プレミア12で手にしたベスト4、準々決勝までの喜び、準々決勝までの感動、そして何より信頼できる大谷・・・
    それを今の侍ジャパンで得ることは殆ど不可能と言ってよかった
    「どうすりゃいいんだ…」小久保は悔し涙を流し続けた。
    どれくらい経ったろうか、小久保ははっと目覚めた
    どうやら泣き疲れて眠ってしまったようだ、冷たいベンチの感覚が現実に引き戻した
    「やれやれ、戻って会見と、
    ・野手で大谷が行けるか判断→野手オッケーなら一人落選者選び・→落選した選手並びそう所属球団に謝罪
    ・大谷辞退の場合→①代用選手の会議→所属球団に許可願い→NGの場合再度①を繰り返し
    をしなくちゃな」
    小久保は苦笑しながら呟いた
    立ち上がって伸びをした時、小久保はふと気付いた
    「あれ・・・?お客さんと大谷がいる・・・?」
    ベンチから飛び出した小久保が目にしたのは、外野席まで埋めつくさんばかりの観客の前でマウンドに上がる大谷だった
    千切れそうなほどに旗が振られ、地鳴りのようにとはいかないまでも侍ジャパンのチャンテが響いていた
    どういうことか分からずに呆然とする小久保の背中に、聞き覚えのある声が聞こえてきた
    「監督、いよいよWBC開幕っすね!抑えてきますよ!」
    声の方に振り返った小久保は目を疑った
    「お…大谷?」
    「どうしました監督、居眠りでもしてたんすか?」 「す…菅野?大谷の代役で開幕投手にしたはずじゃあ…?」
    「なんですか監督、勝手に大谷を外しちゃって」 「嶋…」
    小久保は半分パニックになりながらスコアボードを見上げた
    1番:坂本 2番:秋山 3番:山田 4番:中田 5番:筒香 6番:鈴木 7番:松田 8番:嶋 9番:青木 投手:大谷
    暫時、唖然としていた小久保だったが、全てを理解した時、もはや彼の心には雲ひとつ無かった
    「突破できる…1次ラウンドは突破できるんだ!」
    権藤から受話器を受け取り、ブルペンの松井裕樹と増井に準備しておくよう指示を出す小久保。その目に光る涙は悔しさとは無縁のものだった・・・

    翌日、ベンチで冷たくなっている小久保が発見され、村田と吉村は病院内で静かに息を引き取った
    この記事の続きを読む

    引用元:http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1479138404
    e1736566-s

    1:名無しさん 2016/11/15(火)00:46:44 sRL
    横浜アリーナで祝われる中日戦争の家
    三浦は仕事の品質を始めたが、打撃パルスを打たずに敗れた。
    ファンの一口スタジアムの音が「100年のポートフォリオの喪失」になった音の場所から
    初期の選手は沈黙の中で始まった。
    手にWBCの王冠、喜び、興奮、何よりも、彼の同志の信頼できるチーム......
    ヨコハマをダウンロードすることは事実上不可能なことです
    「私は私と同じです...... ......」仙台は悲惨な流れを続けています
    どのくらいのろう付け後、または突然目を覚ました仙台
    それは明らかに泣いて疲れて、座席が現実に戻った感じ
    "ああ、私の神、四川の笑みを浮かべて、家で訓練する必要はありません
    成長が起きたとき、突然彼は川に入った

    「あなたは...... ......公開されているという事実?
    彼は仙台に目を見せてベンチから飛び降り、観客は満員になる必要はなかった
    期限切れとマークされた1000人が、地震としてベイスターズの応援歌を見せた
    川上でさえ驚いて、それが何を意味するのかわからない、私はこの音がよく聞こえると聞きました
    「誠一は、練習をして、早く帰る」と私の目を信じられなかった音に戻ってきた
    「あなた...... ......スズキ? "何顎、何も昼寝しない?"
    「それはコマダの監督ですか?」 "カワウチとは何か、是非、駒田さんの無許可の掲示板が欲しい"
    「石井...」カワウチは同時にスコアボードを見て、パニックの半分
    #1:石井卓2:事例3:鈴木久保4:ローズ5:6小田数:仙台7:神8:谷茂№9:斎藤隆
    言葉ではありませんが、仙台は心の中にすべてがなくなっていることを実感すると驚いています。雲があります
    "......私は勝つよ!"
    ルートから離れて、仙台はスプリントグラウンドの完全な力を奪い、涙を流して光る...

    次の日、ベンチの川の寒さで見つかった、YoshimuraとMuratは病院で平和的に過ごした
    この記事の続きを読む

    引用元:http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1474853438
    a38d43a3-s

    1:名無しさん 2016/09/26(月)10:30:38 zjP
    本拠地、ナゴヤドームで迎えた広島戦
    先発大野が大量失点、60登板を超えた中継ぎ又吉が更に失点、ベテラン勢の残る打線も勢いを見せず惨敗だった
    スタジアムに響くファンのため息、どこからか聞こえる「来年から暗黒だな」の声とビシエドに立てられる中指
    無言で帰り始める選手達の中、プレミア12で活躍した侍JAPANの平田は独りベンチで観客へエキサイトした後泣いていた
    プレミア12で手にした勝利、喜び、感動、そして何より楽しげな明るいベンチ・・・
    それを今の中日で得ることは殆ど不可能と言ってよかった
    「どうすりゃいいんだ・・・」平田は悔し涙を流し続けた
    どれくらい経ったろうか、平田ははっと目覚めた
    どうやら泣き疲れて眠ってしまったようだ、冷たいベンチの感覚が現実に引き戻した
    「やれやれ、帰って三原さんと話し合ったことを、自分の意見として球団の人に伝えてもらわなくちゃな」平田は苦笑しながら呟いた
    立ち上がって伸びをした時、平田はふと気付いた


    「あれ・・・?お客さんがいる・・・?」
    ベンチから飛び出した内川が目にしたのは、外野席まで埋めつくさんばかりの観客だった
    千切れそうなほどに旗が振られ、地鳴りのようにシュウヘイ…の応援歌が響いていた
    どういうことか分からずに呆然とする平田の背中に、聞き覚えのある声が聞こえてきた
    「平田さん、守備練習ですよ、早く行きましょう」声の方に振り返った平田は目を疑った
    「と・・・友永?」 「なんだキャプテン、居眠りでもしてたのか?」
    「え・・・雅人?まだいたのか…?」  「なんだ良介、かってに雅人を引退させやがって」
    「恭平・・・」  内川は半分パニックになりながらスコアボードを見上げた
    1番:友永 2番:亀澤 3番:高橋 4番:ビシエド 5番:福田 6番:平田 7番:堂上 8番:木下 9番:小笠原
    暫時、唖然としていた平田だったが、このオーダーで巨人相手に5点差を付けて勝っている状態を見て全てを理解した時、もはや彼の心には雲ひとつ無かった
    「FAしなかったら勝てる・・・勝てるんだ!」
    井領からグラブを受け取り、同じく松井から選手交代した木下と共にグラウンドへ全力疾走する平田、その目に流れる涙は悔しさとは無縁のものだった・・・

    翌日、FA宣言をしないと断言した平田が発見され、吉村と村田は病院内で静かに息を引き取った
    この記事の続きを読む