なんJ PUSH!!

なんJまとめブログ『なんJ PUSH!!』です。野球の話題メインですが、大学・地域・就職・歴史・ゲームなどなんJの様々なジャンルをまとめております。試合速報記事もアップしております。


    雑談

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    fdc83726

    1: 風吹けば名無し 2021/09/17(金) 13:18:04.59 ID:p2KLn4aTa
    河野太郎陣営から聞こえた“意外な悲鳴”…「こんなに不人気だと思わなかった」 「壊し屋」のイメージがマイナスに

    「こんなに河野さんが不人気だと思わなかった」

    早々と河野氏を支持する議員から悲鳴が上がっている。自民党を改革するには河野氏が総裁になるしかないと思って応援を決意し、それが国民に浸透していると信じていた。そもそも総裁選の要となるのは職域団体票だが、その職域団体に河野氏は良く思われていないようだ。

    「長らく権益を守ってきた職域団体は、その既得権益を守ってもらうべく自民党との関係を重視してきた。だがその既得権益を否定してきたのが河野太郎。河野氏には自民党の秩序を破壊する“壊し屋”のイメージが定着しているようだ」

    この記事の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    de1f0ced8c474af53e39e632d6cf3d83_t

    1: 風吹けば名無し 2021/09/16(木) 19:07:11.49 ID:A7DdZloi0
    河野太郎氏「年金の最低保障部分は消費税で」

    河野太郎行政改革担当相は16日、報道各社のインタビューに応じた。要旨は以下の通り。

     自民党が国民に耳を傾ける政党であり続けるのか、何か余計に耳を傾けなければいけないものがあるのか、それが一番問われてしまっている。

     政策では、少子化という現実に対して有効な手立てができたか、もう一度目を向ける。年金、医療、介護や子育てなど社会保障分野の改革をしっかりやるのが最大のテーマだ。

    この記事の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    7ac95a742fd6da60fc8689e165138ed1_t

    1: 風吹けば名無し 2021/09/16(木) 11:42:01.66 ID:T2jI7gzR0
    加藤浩次 「親ガチャ」嘆く若者に「人生失敗で終わりなの?」

    極楽とんぼの加藤浩次が16日、日本テレビ系「スッキリ」で、ネットなどで注目されている「親ガチャ」という言葉について、「子は親を選べない」と嘆く若者へ「失敗で終わりなの?人生」と呼びかけた。

     番組では今、ネットなどで注目されている「親ガチャ」という言葉について、街の声などを紹介。親に対する不満を表す際に、簡単で使いやすい言葉として「親ガチャ」という言葉を使用、どういう境遇に産まれるかは運任せという意味合いで、カプセルトイを表す「ガチャ」と、親を組み合わせた新語だ。

     これに加藤は「子どもは親を選べない」という言葉を紹介し「この意味の中には、だからこそ親は愛情を注いで育てます、子どもは親を選べないからお父さん、お母さんを大事にするんだよという意味が含まれていた」と説明。「でも『親ガチャ』ってなると、高齢の方はガチャガチャを考える。そんな簡単にとらえるの?っていう意見。若い子はスマホゲームでバンバンガチャしてて。(親と子では)耐性に違いがある」との意見を述べた。

    この記事の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    fdc83726

    1: 風吹けば名無し 2021/09/16(木) 19:45:30.49 ID:CMW+7HyKM
    ええな



    この記事の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    shutterstock_582932332_Fotor

    1: 風吹けば名無し 2021/09/15(水) 09:30:10.60 ID:XVoyXbEt0
    ノーダメージやん

    no title

    この記事の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    photo0000-2662

    1: 風吹けば名無し 2021/09/15(水) 20:08:27.45 ID:RJHPIzJ00
    "微アルコール"ビール市場に「サッポロ The DRAFTY」が参入し低アルコール市場は新たな局面へ、ビールの新たな飲用機会創出のチャンスにも

    国内のビール類市場規模は1994年をピークに、様々な理由(若者のアルコール離れ・飲酒人口の高齢化・酒類の多様化など)が重なって、2005年から2017年まで13年連続で市場が減少しており、今後もさらなる市場の減少が予測されている。「ビール離れ」が叫ばれ始めて久しいが、定量的なデータが実際にそれを裏付ける結果となっている。

    厚生労働省「国民健康栄養調査」の1997年と2017年の飲酒習慣率を比較すると、男性はすべての年代で低下し、女性は20代~30代の若い年代で低下している。一方、男性の若い年代(20代~30代)にも目を向けると、飲酒習慣率はなんと半分程度に低下していることもわかる。
    no title
    no title

    この記事の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    publicdomainq-0021846qbm

    1: 風吹けば名無し 2021/09/15(水) 14:07:00.44 ID:T8zQYuCM0
    米軍トップ「トランプ氏は正気失っている」、核攻撃命令は自分を通すよう指示…記者らが内幕本

    【ワシントン=横堀裕也】米軍制服組トップのマーク・ミリー統合参謀本部議長が昨年10月以降、トランプ大統領(当時)による暴走を危惧し、中国側に「我々は攻撃しない。そのようなことになっても事前に通知する」などと秘密裏に電話で伝えていたことが14日、明らかになった。近く出版されるトランプ政権末期の内幕本の内容として米メディアが報じた。

    (中略)

     それによると、ミリー氏は大統領選直前の昨年10月末、中国軍高官への電話で「我々が軍事作戦を起こすことはない。仮にそうなった場合でも、奇襲攻撃にはならない」と強調した。

     また、米連邦議会議事堂が今年1月に一時占拠された直後にも同じ高官に電話し、「米国は100%安定しており、すべて大丈夫だ」と語っていたという。

     ミリー氏は大統領選の敗北でトランプ氏が「正気を失っている」との思いを強め、軍幹部らに対し、トランプ氏から核攻撃の命令が下った場合も、必ず自分を通すよう指示したという。

    この記事の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    7f7815a10f8166bd41a72e99ec483a44_t

    1: 風吹けば名無し 2021/09/15(水) 09:51:35.91 ID:SpXTEmqg0
    ワイ「雇ってもらえないですか!?」

    面接官「えっとね、君に名前で検索したらね、犯罪に関するニュースが出てきてね、名前はもちろん、年齢も一致してるんだけど多分君だよねこれ」

    ワイ「あ、はい、そうです...」

    面接官「うん、うーん、ことがことだし雇って何かあったってなったら責任は人事にも来るので君は雇うの難しいよ」

    ワイ「」

    この記事の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    fdc83726

    1: 風吹けば名無し 2021/09/15(水) 14:51:00.52 ID:ocHO1XpQ0
    河野太郎が勝ち抜けか!?本格始動した「安倍前首相との全面戦争」

    なかでも安倍前首相の本気度は尋常ではないと若手議員が証言した。

    「頭ごなしに『高市に入れろ』と言われるかと思ったらまったく違った。『きみの考えはもっともだ。河野なら次の選挙は大きく負けない戦いが出来るかもしれない。しかし、負けるかもしれない。そんなことは誰にも分からない。ただ、考えてもらいたい。自民党は保守政党として憲法改正を党是としてきた。そこを支持してきてくれた人たちに報いるのが自民党の政治家の務めだと思う。高市は保守政治を背負ってくれているんだ。そこを分かってもらいたい』。そういって深々と頭を下げたんです。こうなると、高市でやるしかなくなった」

    この記事の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    637285d13d53cc7899d030fc0815c55e_t

    1: 風吹けば名無し 2021/09/15(水) 14:40:53.28 ID:e9cWEPsE0
    嘘をついている限り「孤独」ーーインスタもエゴサもしない、佐藤健の省エネな生き方

    今年でデビュー15周年。デビュー当時はTwitterもまだ日本法人がなく、SNS市場は夜明け前だった。佐藤が俳優としてキャリアを積み上げている間に、SNSは日本中を席巻していく。映画『何者』では、SNSの世界に浸かる若者を演じた佐藤だが、当の本人はSNSから少し距離を置いているように見える。

    「出始めの頃は、いろいろ見てました。昔はけっこう悪口とか、アンチコメントがたくさん来ましたよ。ほとんどがそうだったと思う。でも、あの頃ネットの世界って、モラルがなかったですよね? 悪いことを書くための場所みたいな。今でもネットいじめとか誹謗中傷とか、なくなってはいないけど、少しずつ『ここも公共の場なんだ』っていう意識も生まれているような気がします。でも僕は、いろいろ言われてた時も、『病みそうだからやめよう』とか思ったことはないんですよね。どちらかというと、そういうものを見ることに飽きてしまったんだと思う。それに、幸運なことに僕にはやるべきことがあったから」

    ネガティブなコメントに目を通す暇もないほど、仕事に集中した。関わる作品に、その都度ベストを尽くす。それが、佐藤の生き方だ。

    この記事の続きを読む