WBC・国際大会

    e053660e-eb5e-4654-819e-8da8197620ea

    1:名無しさん 2018/04/18(水)23:54:19 ID:Vt3
    稲葉監督「
    レフト?そりゃ日本の四番の筒香でしょ
    センター?そりゃ日本一のアベレージ型で守備の上手い秋山でしょ
    ライト?そりゃトリプルスリーの柳田でしょ


    筒香に率とホームラン両方勝つ(≒ほぼ三冠王)か、
    首位打者取った上で秋山より遥かにホームラン数多い(≒ほぼ三冠王)ことが必要になる
    この記事の続きを読む

    27]

    1: 風吹けば名無し 2018/04/17(火) 21:51:34.53 ID:Hwc4AQo20
    銀二朗が無駄に打ちまくってるため西武で捕手ができなくなっている模様

    ・銀二朗の成績
    27]

    ・森友哉の成績
    27]



    この記事の続きを読む

    b62c0976-6db0-4ab7-9052-a4b0f52198f6

    1:名無しさん 2018/03/04(日)23:27:32 ID:tVi
    S~Eの6段階評価&寸評やで

    【野手陣】
    秋山…S(猛打賞&唯一の三塁打など本日のMVP!初回先頭で早速ヒットから生還。その後もタイムリーで本塁送球の隙に2塁を陥れたり、四球を選んだり、右中間ではなく左中間を破る当たりを三塁打にしてみせたり、守備でもファインプレー。走攻守全てが完璧!)
    松本…A(チーム最多の3打点!今宮と並び、秋山に次ぐ活躍。初回のバント成功の際のエラー出塁は幸運だが、2打席目は今宮に救われたとはいえ犠飛。タイムリー2本&進塁打も素晴らしい。一塁→左翼と守った便利さも光った)
    柳田…E(4-0ながら進塁打2本(といっても片方は1・2塁から1・3塁にしただけだが…)と四球を選んだのでDと悩んだが…四球は明らかに制球が荒れ荒れの相手だったのと、やはり攻撃面の活躍だけが求められるDHとしては物足りなかった)
    筒香…D(1打席目は敬遠。2打席目の見逃し三振は観ていて「えー!?ストライク!?」という声が出たが、チャンスを活かせなかったのは間違いない。その後もそこそこ大きなセンターフライや四球など状態・内容は悪くなさそうだったのだが…)
    浅村…E(1死満塁で空振り三振や「先頭でサードフライ」を2度、2死12塁でも挽回できず凡退と4-0。昨日は待望のチーム初ヒットを放っていたが今日は音なしだった)
    上林…C(1打席目のボテボテタイムリー内野安打は幸運ではあるが、相手の送球が逸れていなくてもタイミング的にセーフだったと思う。その後は5打席目でようやくクリーンヒットを放ち2塁を陥れた。凡退の打席も含め全打席全力疾走なのは観ていて気持ちいい)
    西川…E(1打席目のセカンドライナーは良い当たりだったが、その後はずっと簡単な凡退で、今日唯一の5-0…。稲葉監督は「今結果が出なくてもいいから、経験として持ち帰ってほしい」と言っていたし、この経験を活かしてほしい)
    田村…B(3-0だがエラー出塁や秋山のヒットで生還した走塁や四球があった。凡退した打席もフルカウントや粘りなど内容が良かった。守りでも則本・田口・堀と、全員別チームの投手と組み6回まで無失点。打撃成績が3-0だろうとC以下はないと思う)
    今宮…A(松本と並ぶS寄りのA。1打席目はバント失敗→粘ってヒットだが、結果オーライに持ち込むのも実力。更に松本の外野フライで捕手のタッチを躱し生還。その後もバント成功や、ヒットの間に2塁まで走りセーフなど、上位打線にチャンスで回し続けた)

    控え組
    田中…D(打席では2-0と昨日に引き続き出塁出来なかったが、9回裏の守備では1死2塁からショートゴロで走者を3塁で刺すなど冷静なプレー)
    小林…D(唯一の打席は浅いセンターフライだったが、守備では高梨、石崎、松井と組み2試合連続完封をリードで締めくくった。2試合連続途中出場なのを見ると「抑え捕手」構想も稲葉監督の中にあるのかも?)
    外崎…D(この日唯一の打席では2死満塁で凡退し走者を返せなかったが、守備では一二塁間を抜けそうだった打球をアウトにしてみせた。あれが複数守れるうちの1ポジションだと思うととても頼もしい)
    大山…-(筒香への代走で途中出場。唯一回って来た打席では相手投手が危ないほど制球が荒れ狂っていて4球連続明らかなボール球だった。あの打席は「死球喰らわなくてよかった」とも思った)
    この記事の続きを読む

    309d4866-642b-40a7-9293-e626ca3553a9

    1:名無しさん 2018/03/04(日)00:09:00 ID:tVi
    S~Eの6段階+寸評やで
    【野手陣】
    秋山…B(ヒットではなく四球によるものながら3打席で2出塁。チーム初得点も記録。1番としてチャンスメーク)
    菊池…D(守備はやはり心配いらないが、2番で3-0(1犠打)…カウント2-0からの犠打はもったいないとはいっても采配する側の問題だし、点に繋がったからキッチリ決めたのは良かった)
    柳田…B(3-1、1四球。2三振するも、膠着を破るチーム初打点初タイムリーを挙げ、手堅い走塁も見せてくれた)
    筒香…A(チーム初長打となるタイムリー二塁打を含む二塁打2本。野手陣の中のMVP)
    浅村…B(3打席で、チーム初安打と四球で2出塁。牽制死はあったが国際試合基準を再認識する良い機会になったし、唯一凡退した打席も痛烈なサードライナーと、状態・内容の良さが頼もしかった)
    外崎…B(シングルながら1安打に加え、敬遠によるものを含むが2四球。期待枠の中では一番の結果だったと思う)
    大山…E(チャンスを潰しに潰したり4-0。さらに西川が悪いとはいえ、悪送球のカバーを出来ず。応援しているので叩きの声を見返してほしかったが…この経験を今後に繋げてほしい)
    甲斐…C(打席では内容に乏しいセカンドゴロ×2も、捕手としては千賀・今永・東浜とリードし6回無失点。守備で貢献)
    田中…E(自慢の出塁力を活かせず2三振にキャッチャーゴロ。さらにエラーと散々。粘った打席はあったし、ゴロは結果的に進塁打にはなったが…)

    控え組
    西川…E(2死1塁から悪送球で、チェンジどころか2死23塁を作ってしまった上に、無死2・3塁のチャンスでは凡退。途中出場組では一番キツい結果に…)
    小林…C(相変わらず国際試合だと起きる謎安打に加え、リードでは田島・岩嵜、山崎をリードし3回無失点。2死23塁での中途半端な三振は残念だったが求められていた仕事はしたはず)
    上林…D(1死2塁で三振した1打席しか立てなかった。今後に繋げてほしい期待枠だし、もう1打席見たかった)
    今宮…-(打席には立たず。守備でショートゴロを無難に1回捌く。これだけではさすがに評価不能)

    【投手陣】
    千賀…S(2回6者連続三振というこの上ない完全制圧。今日投手野手全体でも一番良かった選手だと思う。個人的にはMVP)
    今永…B(2回を投げ、1安打1四球と2回ともランナーを出したが、甲斐の好リードもあり冷静に緩い球を交え無失点。千賀からタイプが大きく変わったのも良かったと思う。先頭をエラーで出しても投球でカバーするのはさすが)
    東浜…A(1イニング目の先頭にテキサスヒットを落とされたが、直後にハーフライナーゲッツーで楽にピンチ脱出。その後は4人とも危なげなく抑えた。四球なしもあり2回6人で終了というのも素晴らしい)
    田島…B(普段の本拠地で代表として登板し1回無失点と、地元ファンを喜ばせた。1安打はされたがシングルだし、四死球もなくゴロ多めで落ち着いて抑えたあたり、やはり小林との相性が良い?)
    岩嵜…C(6~7割はエラーのせいだが、この日唯一ヒヤヒヤした。1イニングだけを投げた3投手では唯一先頭にヒットを打たれた。とはいえ最後は落ち着いてショートゴロで切り抜けたし酷評するほどの内容ではないはず)
    山崎…A(今年の侍ジャパンの初陣でクローザーを任されるが、プレッシャーなどないかのように3人で軽々と締めくくった。見事。)

    全体MVP…千賀
    野手内MVP…筒香

    異論ある?
    この記事の続きを読む