なんJ PUSH!!

なんJまとめブログ『なんJ PUSH!!』です。野球の話題メインですが、大学・地域・就職・歴史・ゲームなどなんJの様々なジャンルをまとめております。試合速報記事もアップしております。


    移籍・戦力外


    1:風吹けば名無し 2020/01/07(火) 21:23:08.81 ID:LQ2fBpqh0
    無事メジャー契約する模様
    鷹コラスの失踪、球団は厳しい対応を グリエル兄弟と異なる「前代未聞」の事態
    https://full-count.jp/2020/01/07/post654372/

    20190818_colas3_fk-560x373

     MLBへの移籍を目指し、亡命するためにキューバを出国したとされるソフトバンクのコラス内野手。今季の契約に合意しており保留者名簿に記載された状態での失踪に、ソフトバンクの球団側も困惑の色を隠せないでいる。

     7日が2020年の仕事始めとなったソフトバンク。三笠杉彦GMは報道陣に対応し「キューバ野球連盟からコラスが出国したようだという報告があったという状況。亡命については手続きがいる。本人とは連絡はついていない。今後の対応はキューバ連盟の見解も確認する」とコメントした。

     現時点でコラスの足取りは掴めていない。球団関係者によると、キューバ人が亡命する際は渡航にビザの要らない隣国のハイチやドミニカへと渡り、そこでの居住権を得てからメジャー移籍を目指すのが一般的だという。ただ、現時点でコラスがキューバから出国したことは確認できているものの、どこの国に滞在しているかなどは把握できていないという。

    (中略)

     ただ、コラスはこれらの選手とは違う。ソフトバンクと2020年シーズンの契約に合意しており、保留者名簿にも記載されている。契約上、今季はソフトバンクの契約選手なのだ。ある球団の契約下にある選手が亡命のために失踪する事態に、球団関係者も「前代未聞なんじゃないか」と戸惑う。

     契約保留者となっている選手は国内外全ての他球団に入団することはおろか、交渉することさえも認められない。関係者によれば、NPB在籍選手がMLB球団に加入する際にはNPBを通じて身分照会が行われるため、契約保留の状態でMLB球団と契約することは不可能だという。

     となると、契約を解除し自由契約となるか、保留期限が過ぎるのを待つしかない。ただ、数多くのキューバ人選手がプレーするNPB全体としても、これが認められてしまうと、今後のキューバ人選手への悪しき前例となりかねない。来日する道中や、シーズンを終えて帰国する道中で失踪してしまうことさえも考えられる。

     キューバ人の亡命はさほど珍しいものではない。球団関係者も「キューバ人と契約している以上、絶対にないということはない」と、最悪の事態としての想定はあったよう。ただ、契約下での失踪は今後にも大きな影響があるだけに「そう易々と『はい、そうですか』と認めるわけにはいかないんじゃないか」と、厳しい姿勢で対処していく必要はあるだろう。

    (福谷佑介 / Yusuke Fukutani)
    この記事の続きを読む

    img_55883b316d2c78e6593f455236a3555b132365

    6:風吹けば名無し 2019/12/13(金) 21:19:20.41 ID:ND+Y7UBR0
    この記事の続きを読む


    1:風吹けば名無し 2019/12/12(木) 06:20:31.69 ID:p3NyiTsV0
    2e28a32866fef8def07cffc0a0e39aac_t

    中日R・マルティネス処遇不透明、政府の回答届かず
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191212-12110657-nksports-base

    中日の守護神ライデル・マルティネス投手(23)の処遇が不透明なままだ。球団首脳は11日、12月中旬としていたキューバ政府からの来季契約に関する回答が「まだ届いていない」とした上で、契約が締結されてもキャンプ不参加の可能性があることも明かした。同投手が3月に行われる東京五輪予選にキューバ代表として参加することが有力なためで、守護神の処遇は依然、流動的だ。
    この記事の続きを読む

    fig19052411430004-p1

    1:風吹けば名無し 2019/12/03(火) 16:44:33.25 ID:1CZv6V5G0
    日本ハム・大田泰示外野手(29)が3日、札幌市内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、今季年俸6500万円から3500万増の1億円でサインした(金額は推定)。

     「自分としては満足していないですし、まだまだできると思っています。通過点だと思っています」

     プロ11年目の今季は132試合に出場して打率289、20本塁打、77打点と打撃主要3部門でキャリアハイを記録。ついに年俸1億円の大台に到達した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191203-00000103-dal-base
    この記事の続きを読む

    2019-11-24.mp4_snapshot_49.48.984

    1:風吹けば名無し 2019/11/27(水) 17:07:43.14 ID:8fzmRmTxa
    この記事の続きを読む