なんJ PUSH!!

なんJまとめブログ『なんJ PUSH!!』です。野球の話題メインですが、大学・地域・就職・歴史・ゲームなどなんJの様々なジャンルをまとめております。試合速報記事もアップしております。


    読売ジャイアンツ

    1: 風吹けば名無し 2019/11/18(月) 17:02:16.58 ID:sf3s+17o0
    1

    巨人宮本和知投手チーフコーチが、第2の山口俊育成を掲げた。
    山口からは事前に「夢を追いたい」とメジャー挑戦の意向を聞き
    「チームにはマイナスかもしれないけど、彼の夢を後押しするのは幸せなこと」とサポートを約束した。

    移籍が決まれば、先発の軸の1人が抜ける来季に向け
    「第2の山口俊を作れれば」と力を込めた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191118-11180507-nksports-base

    この記事の続きを読む


    1:風吹けば名無し 2019/11/17(日) 01:54:39.03 ID:kUpcjdB2d.net
    no title
    【巨人】新外国人にジェラルド・パーラ外野手を調査…メジャー通算1312安打88発
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191116-00000264-sph-base

     巨人が来季の新外国人候補として、米大リーグ・ナショナルズからFAとなっているジェラルド・パーラ外野手(32)を調査していることが16日、分かった。メジャー通算1312安打、88本塁打の強打に加え、2度のゴールドグラブ賞と堅守も誇る。今季は勝負強さでナ軍の世界一に貢献するなど、実績十分のメジャーリーガーだ。登場曲「ベイビー・シャーク」がかかれば、球場全体が両手を小刻みに上下させて叩く「サメダンス」で迎えられる人気者。日本一奪回の使者の筆頭候補として、巨人は動向を注視していく。

     原巨人が来季新外国人候補として、実績十分のメジャーリーガーにターゲットを定めていることが分かった。メジャー通算1312安打、88本塁打を誇るパーラをリストアップし、本格調査に乗り出していることが判明した。

     パーラはベネズエラ出身の左投げ左打ちの強打者。今季は、ジャイアンツとナショナルズの2球団で計119試合に出場。打率2割3分4厘、9本塁打、48打点をマークした。守っても外野手として11年、13年にゴールドグラブ賞を獲得するなど堅守を誇り、近年では一塁の守備にも就いている。通算打率2割7分6厘とシュアな打撃で、大塚副代表編成担当が以前に獲得を目指す助っ人像として「多少、長打力が落ちたとしても、コンタクト率の高いバッターの方が(いいかもしれない)ね。日本の球場は狭いから、150メートル打たなくても、100メートルで本塁打になる」と話していたイメージにも合致する。

     パーラは今季、神懸かり的な勝負強さで、ナショナルズを球団初のワールドシリーズ制覇に導いた。5月の移籍時点でチームは借金を抱えていたが、パーラが7月に代打で4打席連続打点。その驚異的な活躍で勢いづいたナ軍はナ・リーグ東地区2位となり、ワイルドカードから世界一まで勝ち上がった。

     打席に向かう前の登場曲に「ベイビー・シャーク」を使用。そのリズムに合わせて観客が両手を前に付き出して小刻みに上下させて叩く「サメダンス」はナ軍本拠ナショナルズ・パークの名物になった。ナインも安打で出塁した際にベンチに向けて両手を突き出す「シャークポーズ」を行い、パーラは“世界一のムードメーカー”となった。

     今季、巨人はゲレーロ、ビヤヌエバらが打線の中核を担う期待をかけられたが、打撃の調子に波があり、ともに2軍落ちを経験。球団は両選手との来季契約を見送る方針を固めている。原監督もシーズン終了のオーナー報告時に、日本一にあと一歩届かなかった要因の一つに「なかなか外国人が機能しなかった」と年間通じて安定した成績を残せる選手を希望していた。09年のデビュー以来、11年連続でメジャー100試合以上に出場しているパーラの獲得が、来季8年ぶりの日本一奪回への第一歩となる。
    この記事の続きを読む

    20120621_c3da6e

    1: 風吹けば名無し 2019/11/16(土) 00:59:34.64 ID:BTkKrE+R0
    巨人、美馬に直接断わられる 鈴木大地は返事待ち
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191115-11150888-nksports-base

    巨人大塚淳弘球団副代表(60)は15日、都内で楽天から国内FA権を行使した美馬と会談し、
    5度目の対面で直接断りの意思を伝えられた。「10時ごろに本人から電話があって夕方に会いたいと。
    そこで伝えられました」と説明した。宮崎から帰京した原監督には電話で報告。
    課題の先発補強については「外国人はずっとあたってましたから、あとはトレード。リストアップして
    可能性あるかどうか調査しないといけない」と話した。ロッテから国内FA権を行使した
    鈴木については「返事待ち」とした。

    この記事の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2019/11/15(金) 12:30:12.37 ID:aUkLvshKd
    杉下茂氏(94)ほか、巨人軍OB15人が語る「俺の再建私案」
    BBWLLGa

    https://www.news-postseven.com/archives/20191115_1484997.html
    5年ぶりのリーグ優勝を果たすも日本シリーズでは無残な4連敗に終わった原巨人。「かつての巨人軍にあった底力が感じられない」と嘆くのは、錚々たる巨人軍OBたちも同じ。おのおのの「再建私案」を15人分紹介しよう。

    ●杉下茂氏(94):投手陣のコントロールが悪い。投げた後の腕・足の位置を確認しながら、投球フォームを固めることが大切だ。

    ●広岡達朗氏(87):日本シリーズの4タテは監督、コーチの責任。DHなどの制度変更を求める前に、野球を勉強しなさい。

    ●森祇晶氏(82):とくに短期決戦では誰がマスクをかぶろうと同じ。首脳陣が相手の分析をきちんとすべき。

    ●中村稔氏(81):OBの意見に耳を傾けるべき。球場内でOBが入れないエリアが増え、選手に修正点を伝える機会を逃している。

    この記事の続きを読む

    sakura-miru

    1: 風吹けば名無し 2019/11/15(金) 12:36:34.39 ID:kf3fmSrU0
    桜を見る会の中止を受け巨人桜井を見る会の開催を発表したのは終身名誉死刑囚こと巨人小笠原である。
    会に先駆け、プリンスホテルの「俺達の間」で行われた前夜祭では歌手の小林誠司さんによる「Noアベ!」の熱唱で始まると
    俺達の間で人気の大沼シェフによるバッターを料理する炎上料理ショーではカッスに引火しそのまま死亡する微笑ましいハプニングが起こるも盛況の中前夜祭は終了した。
    しかし前夜祭では参加者9800人に対し会費が334円、総予算が4億3000万円という膨大な会予算に批判が殺到するとカッスは「.216 16本塁打 67打点ですら2億なんだから安いもんだろ」とコメント、
    しかしヤ党の大松議員から「.242 5本塁打 20打点にそんな価値があるわけないだろ」という指摘を受けると予算が5000円に縮小される事が決定、
    不足分はカッスの金玉で賄うこととなり金玉を没収されたカッスは無事死亡、また来年から桜を見る会の代替としてカッスの金玉を見る会を開催することとなった。
    この件に関して大正義巨人軍の原監督は「茂雄!恒雄!綺麗な桜を咲かせてくれよ!」とコメント、大地に眠る故人を偲んだ。

    なお、シーズン疲労を考慮して秋季キャンプの参加は見送った。

    この記事の続きを読む

    キャプチャ

    2:風吹けば名無し 2019/11/09(土) 11:47:38.33 ID:HH25S6lk0.net
    この記事の続きを読む


    1: 風吹けば名無し 2019/11/08(金) 12:19:25.84 ID:V9wOcixK0
    1555557180468

    原監督は負けて何に気づいたか/廣岡達朗コラム

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191108-00000003-baseballo-base
     原辰徳監督は父親(貢氏)が亡くなってから変わった。これがポイント。父親が生きていたときの原は立派だった。
    相談できる相手が父親で、こうあるべきということをおそらく教えられていたと思う。その後、父親が他界して原は堕落した。
    というより楽を覚えた。いまのコーチ陣は原のイエスマンばかりで、こうあるべきだと主張する人間が一人もいない。まるで安倍政権のようだ。

    この記事の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2019/11/08(金) 06:15:26.52 ID:0YM9giMYa
    1555557180468

    巨人からドラフト2位で指名されたJR東日本の太田龍投手(20)が7日、都内のホテルで契約金7000万円、年俸1200万円で仮契約を結んだ(金額は推定)。
    高校時代は現オリックスの山本由伸らと並び「九州四天王」と呼ばれた右腕。「ドラゴンボール」と称される最速153キロの直球を武器に、プロでの活躍を目指す。背番号は、退団の可能性があるビヤヌエバの「33」に内定した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191107-00000241-sph-base

    この記事の続きを読む