なんJ PUSH!!

なんJまとめブログ『なんJ PUSH!!』です。野球の話題メインですが、大学・地域・就職・歴史・ゲームなどなんJの様々なジャンルをまとめております。試合速報記事もアップしております。


    サッカー関連

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    TheWorld_237542_0b50_1

    1: 風吹けば名無し 2021/01/20(水) 03:01:55.93 ID:n/W40uJ20
    何も言い返せんかったわ……

    この記事の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    20210112_kubo_GettyImages

    1: 風吹けば名無し 2021/01/13(水) 17:02:35.28 ID:2aM1+jnr0
    FC東京 19試合 4ゴール
    横浜F 5試合 1ゴール
    レアル 0試合 0ゴール
    RCDマヨルカ 35試合 4ゴール
    ビジャレアル 13試合 0ゴール
    ヘタフェFC 1試合 0ゴール




    プロ通算 73試合 9ゴール

    この記事の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    maxresdefault

    1:風吹けば名無し 2021/01/09(土) 17:18:34.88 ID:sfou0EOga
    ソン・フンミン、「ゴール期待値」圧倒的1位に=英メディア
    https://news.yahoo.co.jp/articles/0b7963db38da8da0b3ee885c6e45520e2a2a3c0b

     イギリスのオンライン新聞「インデペンデント」は8日(日本時間)2016年からヨーロッパFWのあげたゴールと”ゴール期待値(xG=ExpectedGoals)”」を比較した統計を発表した。

     xGとは、実際のゴールに得点可能確率を反映し出した数値。シュート位置やアシストの質など、複数の要素が反映される。

     ソン・フンミンは2016年から61ゴールを記録し、xGは42.4ゴールとなった。xGと比べた実際の得点が44.41%と高かった。

     ソン・フンミンの記録は「インデペンデント」が選定した20人のFWの中で最も高い記録。なお、2位はハリー・ケイン(21.33%)だった。
    この記事の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    soccer

    1: 風吹けば名無し 2020/12/28(月) 12:05:21.74 ID:hHk2fmxJ0
    いつになれば点取り屋でてくるのか

    この記事の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    202012080000424-w500_0

    1: 風吹けば名無し 2020/12/20(日) 06:40:53.30 ID:Ghjr+02ud
    はい

    この記事の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 風吹けば名無し 2020/12/19(土) 00:43:47.47 ID:Mhhqi+5PM
    no title

    この記事の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    cb0cb_1469_b12779cc4746c01059206c8d53d680ce

    1: 風吹けば名無し 2020/12/11(金) 18:47:33.18 ID:j9tiSraX0
    おかしなことやっとる

    no title

    この記事の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    20140713_1600a

    1: 風吹けば名無し 2020/12/03(木) 20:28:53.75 ID:VCvDCsAu0
    アルゼンチン国民未だに恨んでる気がするわ


    no title

    この記事の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    soccer

    1: 風吹けば名無し 2020/12/06(日) 10:48:51.10 ID:FgaKcJBo0
    弱小サッカーチーム応援してるファンってどんなメンタルしてるんやろ?

    この記事の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    shatol

    1: 風吹けば名無し 2020/12/02(水) 08:05:12.78 ID:mCoJS38f0
    中田英寿という生き方(後編)【フットボールサミット第2回】
    https://www.footballchannel.jp/2012/12/16/post870/

    当時、甲府北中のコーチをしていた皆川新一は、試合に負けた生徒たちに罰走として50本のダッシュを命じた。
    僕自身中学時代は野球部だったが、何か不祥事があったり試合に負けたりしたときに「ダッシュ50本」というのはよく経験したものである。
    皆川は1960年生まれ、僕は1961年生まれなので、おそらく皆川も自分が体験したことを子供たちに課していたのだろう。無論僕らの世代には、指導者のそのような命令に反論するなどありえないことだった。

    子供たちは不承不承ながら当然のことのように「罰」を受けたのですが、ヒデだけはベンチの脇に立って走ろうとしないのです。
    怪訝に思った私は、「どうした。なぜ走らんのだ!」と語気を荒げたのです。ヒデの答えはこうでした。
    「走る理由がわからない。俺たちだけが、走らなければならないのは納得できない。皆川さんも一緒に走ってくれ。だったら俺も走る」

    論理的に考えれば、誠に中田の言うとおりであろう。試合に負けたことについては、選手にも責任があるが、指導者にも大きな責任があるからである。
    中田にとって幸運だったのは、皆川が凡百の指導者と異なり、中田の話の論理性を認めて自分も共に罰走に参加するような人間だったことである。
    実際に自分で走ってみたら20本でダウンし、そこで「罰」は終了にせざるをえなかったという。
    このとき皆川は、自分の指導者としての理念や知識、スキルのなさを痛感し、のちにドイツに渡って3年間サッカーの指導法を学ぶことになる。

    この記事の続きを読む