なんJ PUSH!!

なんJまとめブログ『なんJ PUSH!!』です。野球の話題メインですが、大学・地域・就職・歴史・ゲームなどなんJの様々なジャンルをまとめております。試合速報記事もアップしております。


    地域ネタ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    plt20100208370001-m1

    1: 風吹けば名無し 2020/10/14(水) 16:42:50.25 ID:tIXE5R57a
    確かに

    この記事の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 風吹けば名無し 2020/10/16(金) 20:13:40.81 ID:wkSZkU6A0
    通過点から旅の拠点へ…「道の駅」にホテル続々開業 米大手マリオットの戦略 「2回目の日本は田舎へ」
    https://www.fnn.jp/articles/-/94348
    ・高級アーバン・ホテルチェーン「マリオット」の新戦略→「道の駅」のすぐ隣にホテル進出
    ・「田舎に行きたい」リピーター需要を見込む
    ・2025年までに全国3000室展開を予定

    10月6日、世界最大のホテルチェーンで、5つ星ホテル「リッツカールトン」等を展開するマリオットグループが、岐阜県郊外の道の駅に新業態のホテルをオープンした。
    マリオットと言えば、都心に建つ高級ホテルのイメージだが、今回オープンしたのは「道の駅」の隣り。その狙いとは…。

    no title

    no title

    no title

    この記事の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    20161130_1_1-1

    1: 風吹けば名無し 2020/10/12(月) 15:57:58.15 ID:Zmaw0B070
    総まくり!47都道府県の売上ナンバーワン企業
    no title


    地域経済にとって、大企業はいうまでもなく大事な存在だ。その地域で多くの雇用を創出し、しばしば城下町を形成し、地場の中小企業を潤し、税金を収め、地域経済を動かすドライバーとなる。

    しかし、全国の県庁所在地や名産品をそらんじられる人はいても、47都道府県の売上ナンバーワン企業を知っている人は少ない。そもそも、あまり伝えられていないように思われる。

    そこで、『会社四季報 業界地図2021年版』(東洋経済新報社)編集部は、「全国47都道府県のトップ企業」を調査し、巻頭特集にランキングとして掲載した。

    https://news.livedoor.com/lite/article_detail/19041258/

    この記事の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    20201005-181220-1-0008

    1: 風吹けば名無し 2020/10/04(日) 02:45:56.24 ID:cmVo9vPR0
    1回目 6月4日
    2回目 7月17日(43日ぶり)
    3回目 8月21日(35日ぶり)
    4回目 9月19日(26日ぶり)
    5回目 10月1日(12日ぶり)
    6回目 10月3日(2日ぶり)
    原因不明の異臭騒ぎ 神奈川・横須賀市長がメッセージ
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO64670570W0A001C2L82000/

    神奈川県の三浦半島周辺で6月以降「異臭がする」との通報が相次いでおり、同県横須賀市の上地克明市長が冷静な対応を求める動画メッセージを公表した。同市内では1日にも5回目の異臭発生が確認されているが、原因は不明。市長は「危険を感じた場合は迷わず119番通報を」と呼びかけた。

    上地市長は市民の不安払拭のため、自ら発信を決めたという。異臭の原因について「まずは科学的に異臭の成分を分析し、発生原因を究明しようと努めている」としている。

    この記事の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    1: 風吹けば名無し 2020/09/26(土) 14:21:56.63 ID:yJrcb11C0
    小泉進次郎環境大臣が道東視察 阿寒湖の電線に…
    https://news.yahoo.co.jp/articles/585c1c37c93ada44fbd1d2bc1207a4368339e6b6


    ki

    「この電線なくしたい」25日視察のため道内に入った
     小泉進次郎環境大臣が阿寒湖温泉を訪れ、電線が多い景観にダメ出しです。
     小泉進次郎環境大臣「この電柱のある映像どう見えます?この電線なくしたい。地域の魅力・景色、これだけ素晴らしい阿寒湖なのに。これを見れば何を改善しなければならないか一目瞭然ですね」
     
     25日午後小泉進次郎環境大臣は釧路市の阿寒湖を訪れ、新しく整備された湖畔沿いの遊歩道などを視察しました。
     
     環境省は阿寒摩周国立公園を訪れる外国人観光客を増やそうと2020年を目標に新しいツアーの開発や遊歩道の整備などを進めていて、大臣自ら進捗状況を聞き取りました。
     
     地元からは、外国人観光客の需要が見込めない中、コロナ後を見据えて景観改善などの支援を求める声があがりました。
     
     小泉進次郎環境大臣「この阿寒摩周はワールドスタンダード。世界水準の観光地・国公立公園になる可能性がある。この後押しをやっていきたい。」
     
     小泉環境大臣は25日も摩周湖や釧路湿原を視察し野生生物の保護などについても関係者と意見交換する予定です。 

    この記事の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    hokkaido

    1: 風吹けば名無し 2020/09/26(土) 03:11:24.82 ID:fMj9hKsQ0
    😥



    この記事の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    東京風景2-960x500

    1: 風吹けば名無し 2020/09/25(金) 10:51:59.77 ID:2/v4xCw20
    夢は夢でも悪夢な気がするがまぁええやろ
    no title

    この記事の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    77215_1_500_1000_1

    1: 風吹けば名無し 2020/09/22(火) 02:00:46.41 ID:ByX98iiZ0
    つまり常に回っていて待ち時間0 事故もない

    反論ある?

    この記事の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    animal_nihonjika_tsuno

    1: 風吹けば名無し 2020/09/24(木) 12:26:10.22 ID:bYoOm1fOM
    「鹿せんべい依存症」の兆候、観光客減で激やせのシカ
     新型コロナウイルスは、奈良市の奈良公園周辺に生息する国の天然記念物「奈良のシカ」の生活にも影響を与えている。
    観光客が減ったことで公園を離れ、野生に近い健康的な生活を取り戻すシカがいる一方で、「鹿せんべい」への依存から抜け出せず、やせ細るシカもいるようだ。
    (桑島浩任)

     奈良市の奈良公園周辺には約1300頭のシカが生息。奈良公園を訪れる観光客は年間1300万人、鹿せんべいの売り上げは約2千万枚に上る。
    シカの保護施設「鹿苑(ろくえん)」に収容されている約400頭を除く900頭が大部分を消費しており、単純計算で1頭当たり1日60枚以上を食べていることになる。

     せんべいは1枚3~4グラム程度で、1日約5キロの草を食べるシカにとっては「おやつのようなもの」とされる。
    だが、栄養価は草よりも高く、販売所の近くにはせんべいを買う観光客を待ち構えるシカでごった返すのが日常だった。
    ところが、新型コロナの感染拡大以降、観光客は姿を消し、鹿せんべいの売り上げも激減。それに伴い、シカの生活にも変化が生じている。

     北海道大の立沢史郎助教(保全生態学)と奈良の鹿愛護会が実施した調査で、奈良公園の中心部に滞在するシカの数が減少していることが分かった。
    感染拡大の前後で比較すると、昼に公園中心部で確認されたシカは1月は全体の71・9%だったのに対し、6月は50・2%に激減。
    夜は1月が56・5%、6月が34・9%で、いずれも20ポイント以上減少していた。立沢助教は「人から餌をもらう機会が減り、主食の草を探して歩き回ることが増えたのではないか」と指摘する。

    https://www.sankei.com/west/news/200924/wst2009240001-n1.html
    no title

    この記事の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    chian-zenkoku

    1: 風吹けば名無し 2020/09/22(火) 11:07:53.76 ID:ZZLMkIWN0
    町内会「入会費」なぜ60万円? 「転入者の入会制限につながる」指摘も
    https://news.yahoo.co.jp/pickup/6371606
    no title


     滋賀県草津市矢橋町の森脇町内会が、新しい入会者に60万円の納入を求める内規を2006年から定めていることが18日までに分かった。
    当時の集会所建て替え時のコスト負担と同額で実質的な「入会費」といえる。周辺の町内会の入会費よりも高額なため、一部住民や識者から「転入者の入会制限につながる」との声が上がっている。

    この記事の続きを読む