高校野球

    8527f5d43c6959a11825bf3f0354e9cf_640px

    1:風吹けば名無し 2018/12/02(日) 01:59:54.66 ID:Nzj0JB710.net
    この記事の続きを読む

    0e43c955-fa95-4c2d-bb03-904911d70e7a

    1:風吹けば名無し 2018/11/24(土) 14:45:57.07 ID:XX+c3ZLQ0.net
    ◇練習試合 平塚学園6―1横浜隼人(2018年11月24日 平塚学園グラウンド)

     来季からDeNAの1軍投手コーチに就任する「ハマの番長」こと三浦大輔氏の長男で平塚学園の右腕・澪央斗(れおと、2年)が横浜隼人との練習試合に登板。父も見守る中、1失点完投と力投を見せた。

     1メートル80、83キロのがっしりした体格。中3時には父の現役最終登板試合で始球式を務めた。父とそっくりのフォームから、最速は130キロ台ながらスピンのきいた直球で詰まらせた。
    走者を背負っても粘りの投球で「気合いが入りすぎて力んでしまった」と苦笑いしながらも、強豪相手に完投し「うれしかった。自信になりました」。

     野球を始めたころから父と同じポジション。「同じ投手として、やっぱりコントロールがすごいなと思う」と尊敬のまなざしを向ける。今秋初めてベンチ入りし、背番号1を狙うエース候補だ。
    関係者によると「偉大なお父さんを持ちながらも大変な努力家。一生懸命練習している」といい、八木崇文監督は「エースの自覚は十分出てきた。この調子で1本立ちしてほしい」と期待を寄せた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181124-00000106-spnannex-base
    この記事の続きを読む

    af13af8cb4ebeadc56cb54edd8472e73

    1:風吹けば名無し 2018/11/22(木) 04:34:36.22 ID:KcBfr/Sg0.net
    ほぼありえない眉唾ものの記録

    「50m5秒7の俊足」

    「俊足巧打の1番打者で、50mは5秒8――」

     甲子園の結果を報じる新聞やテレビのニュースでは、今年もこんな言葉が躍っている。

     野球における選手の走力の高さを示すのに、読者が身近にイメージしやすい50mの記録というのはわかりやすい指標なのだろう。
    誰もが学生時代に体力テストで測定経験があるし、記録のインパクトも伝わりやすい。

     だが、実はこれらのタイム、ちょっと眉唾ものの記録なのだ。

     50m走の日本記録は、100mでも日本歴代4位となる10秒02の記録がある朝原宣治が持つ5秒75。
    世界記録保持者のウサイン・ボルトでさえ5秒47だ。
    つまり、毎年甲子園には日本記録を上回る選手が何人も出場しているということになる。

    「野球選手がみんな申告通りのタイムを競技場で出せたら、100mで日本人が9秒台を出すのにこんなに時間がかかっていませんよ(笑)。
    俊足のひとつの基準なんだろうけど、陸上選手と比べるなら測定の方法や気象条件くらいはしっかり書いてほしいよねぇ」

     そんなぼやきをこぼす陸上関係者が多いように、結論から言えばこれらの記録は陸上競技で採用される正式な測定方法では、ほぼありえないと言っていい。

    甲子園球児の「50m走」タイムが日本記録超え続出という問題
    http://bunshun.jp/articles/-/8621
    この記事の続きを読む

    Okawari_kun

    1: 風吹けば名無し 2018/10/26(金) 22:06:17.95 ID:IZrejr87d
    中村剛也
    岩田稔
    西岡剛
    平田良介
    中田翔
    岡田雅利
    浅村栄斗
    江村直也
    西田直斗
    山足達也
    藤浪晋太郎
    澤田圭佑
    森友哉
    中村和希(新)
    香月一也
    正随優弥(新)
    青柳昴樹
    高山優希
    根尾昂(新)
    藤原恭大(新)
    横川凱(新)
    柿木蓮(新)

    この記事の続きを読む

    56dd0636-aa77-4b29-8058-95b5c8091dd9

    1: 風吹けば名無し 2018/11/02(金) 04:47:00.05 ID:nXrl9cyUp
     大阪桐蔭で新たに背番号「1」を着けるのは、身長180センチの右腕・新井雅之(2年)。この日の1回戦で先発し、橿原(奈良)を5回被安打2に抑える好投を見せた。25日のプロ野球ドラフト会議で中日から1位指名を受けた根尾昂(3年)をはじめ、「最強世代」の背中を追う。

    (中略)

     史上初の2度目の春夏連覇を達成した後も、「先輩たちは、相変わらずブルペンですごい球を投げている」という。秋の府予選は背番号「9」だったが、近畿大会で「1」をつかんだ。大会前、根尾からマウンドで冷静になるための心構えの極意を授かった。「自分が1番を着けているんだぞと思って、打者を上回った気持ちでいけ」

     迎えたこの日。球場へ向かうバスの中では、決して眠ることはなかった根尾を見習い、「僕も寝ませんでした」。マウンドでは「気持ちが空回りした」と高めに球が浮いたが、「ホームベースにたたきつけるくらい低めを意識した。野手も声をかけ続けて励ましてくれた」と大崩れすることはなく無失点に抑えた。

     最速136キロだった球速も137キロに更新。試合後は「根尾さんのように、どんなときも自分を見失わない選手になりたい」と気合を入れ直した。(高岡佐也子)

    https://vk.sportsbull.jp/sp/koshien/articles/ASLBW5HHJLBWPTQP01H.html

    この記事の続きを読む

    Deg-o1HV4AAe-mD

    1:風吹けば名無し 2018/10/27(土) 15:26:45.37 ID:H6kMVfPP0
    東海準決勝:中京学院大中京9-10東邦(10回サヨナラ)
    中京020 400 002 1=9
    東邦021 000 005 2=10

    9回5点差を追いつき10回1点勝ち越された後に裏で2点入れてサヨナラ勝ち
    この記事の続きを読む