なんJ PUSH!!

なんJまとめブログ『なんJ PUSH!!』です。野球の話題メインですが、大学・地域・就職・歴史・ゲームなどなんJの様々なジャンルをまとめております。試合速報記事もアップしております。


    食品・飲料

    img_253815b592717c9d6aea3302e6f7da96291360

    1: 風吹けば名無し 2019/08/22(木) 03:54:42.33 ID:B6o0lAGRM
    「白米を毎日7合食べろ!」 部活の”ドカ飯”強制は虐待です 精神疾患や消化器酷使の危険

    スポーツ指導の一環として、白米を無理に食べさせる「食トレ」が問題になっている。7月には兵庫県尼崎市の市立高野球部で行きすぎた食トレが発覚
    した。強制的に物を食べさせることは消化不良を招くだけでなく、人との食事が怖くなる危険もあるとして、専門家らは警鐘を鳴らす。

    no title


    「食トレ」20年前から野球の指導者に広まる
     「食トレ」は食事トレーニングの略。20年ほど前から、主に野球の指導者の間で広がった「食事もトレーニングの一環」という考えがもとになっている。

    10代には白米よりタンパク質 バランスも大切に
     スポーツ選手らを指導する管理栄養士の佐藤樹里さん(29)=東京都=によると、白米は体のエネルギー源である糖質が多い。加えて脂質が少ないため、消化がしやすく、効率的にエネルギーを
    補給できる。ただ、糖質をうまくエネルギーに変えるには、豚肉などに多く含まれるビタミンB1が必須。「白米さえ食べれば体が大きくなる」というのは間違いだ。

     「運動量の多い10代に必要なのは、筋肉や骨を強くするタンパク質」。白米と一緒にサケやゆで卵などを取るよう助言する。バランス良く栄養を取るには、米はおにぎりにするといい。お薦めの具
    は、体の調子を整えるビタミンやミネラルを多く含む小松菜やホウレンソウ、骨を強くするカルシウムが豊富なサクラエビを一緒に炒めたもの。「白米だけを大量に食べると、かえって食欲を失い疲れやすくなる」と指摘する。

    https://sukusuku.tokyo-np.co.jp/education/20259/

    この記事の続きを読む