なんJ PUSH!!

なんJまとめブログ『なんJ PUSH!!』です。野球の話題メインですが、大学・地域・就職・歴史・ゲームなどなんJの様々なジャンルをまとめております。試合速報記事もアップしております。


    大学・学校生活

    gakkou-kyoushitu

    1: 風吹けば名無し 2019/12/03(火) 10:44:36.77 ID:sTfo8sfO0
    無事皆勤で卒業

    ワイのメンタルなめんなや

    この記事の続きを読む

    20161230113313

    1: 風吹けば名無し 2019/12/03(火) 20:44:44.24 ID:uCAAhwPj0
    科学、数学、読解力の3つの分野で成績を下げた模様
    日本の15歳「読解力」15位に後退 デジタル活用進まず
    https://r.nikkei.com/article/DGXMZO52905290T01C19A2CC1000

    経済協力開発機構(OECD)は3日、世界79カ国・地域の15歳約60万人の生徒を対象に2018年に行った学習到達度調査(PISA)の結果を公表した。日本は「読解力」が15位となり、前回15年調査の8位から後退した。
    「数学的応用力」は6位(前回5位)、「科学的応用力」は5位(同2位)になったが、世界トップレベルは維持した。

    この記事の続きを読む

    shima-cho

    1: 風吹けば名無し 2019/12/03(火) 00:08:08.47 ID:5dB86cksa
    第2の人生を歩む“沖縄の伝説”島袋洋奨に恩師が贈る言葉
    https://www.tokyo-sports.co.jp/baseball/npb/1631070/
    【気になるあの人を追跡調査!野球探偵の備忘録(96)】
    今季球団から戦力外通告を受け、プロ5年でグラブを置いたソフトバンク・島袋洋奨投手(27)。
    興南高時代に沖縄県勢初の夏優勝、史上6校目の春夏連覇という偉業を達成しながら、
    進学先の中央大でイップスを発症、プロで復活することはできなかった。
    当時の中央大監督で島袋の一番苦しい時期を知る秋田秀幸氏(64)が、第2の人生を歩むトルネード左腕にエールを送った。

    「あの小さい体で、とんでもなく速い球を投げる。本当に素晴らしい投手でした。
    最高の時期は高校時代だったのかもしれないが、本人も悔いはないと思う。私も彼を指導できたことに悔いはないです」

     中央大OBで卒業後プロにも進んだ秋田氏が、前監督の推薦で母校の監督に就任したのは2012年。
    島袋は1年生ながら入学直後の東都春季リーグで開幕投手に抜てきされ、防御率0・99を記録して新人賞を受賞した期待のルーキー。
    監督としては2年時からの付き合いも、その島袋を獲るよう尽力したのが他ならぬ秋田氏だった。

    「監督就任前は大手の電力会社に勤務していたんですが、たまたま島袋の親父さんが同業者でね。
    OB会の意向もあって、いろんなツテをたどって会わせてもらった。
    ただ、結局は本人の意思。中央大に来てよかったかどうかは本人にしかわかりません」

     秋田新監督のもと、迎えた2年春のシーズン。開幕戦で延長15回、226球を投げ劇的な完投勝利を挙げた島袋だが、ほどなくして左ヒジを故障。
    そこから少しずつ歯車が狂い始める。制球が定まらず、徐々に四球や暴投が目立つようになっていった。

    「イップスみたいな感じでね。心なのか技術的なものなのか、原因がわかったら苦労はしない。それでも、監督をやった5年間で一番印象に残っているのがあの初戦。
    ウイニングボールは今でも持ってます。あれだけ投げられるわけですから、いつか戻ってくれるだろうといろいろなことをやりました」

     ときにリリーフとして起用、3年秋には主将にも任命した。
    4年春には開幕カードで5連続四球と状態が戻ることはなかったが、秋には本人の意思でプロ志望届を提出。
    ソフトバンクに5位指名されると、人目をはばからず涙を流した。その光景を、秋田氏は複雑な思いで見つめていた。

    この記事の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2019/11/28(木) 14:10:49.55 ID:jdvLn5juM
    ハライチ岩井が語る「今時、同窓会に参加する人」の正体
    20191128-60292542-business-000-1-view

    岩井:じゃなんで、同窓会にわざわざ行く人がいるのか。学生時代のお調子者の男子が毎回同じようにはしゃぎ、それを見た女子が「またあいつ、馬鹿やって!」と笑う。しかも毎回、同じところで笑う。僕はむしろ怖い。それの何が楽しいのか、と。

    ―(笑)。

    岩井:たぶん若い時期から同窓会に頻繁に参加する人は、まず、「学生時代の楽しさのピークを更新できていない人たち」なんだと思います。学生の頃の思い出にずっと縛られているんじゃないかな。
    「今が本当に楽しい人」は、同窓会に頻繁に顔を出し、何度も何度も同じ思い出話なんてする必要もないし暇もないでしょう。
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191128-60292542-business-life

    この記事の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2019/11/26(火) 20:46:01.48 ID:gHR1xEjn0
    米国の天才少年、史上最年少の12歳で自宅に核融合炉を製作する
    20190307235331

    ■12歳の少年が核融合炉の製作に成功
    ■核融合炉は、強い力を加えることで原子同士を融合させ、原子内部のエネルギーを放出する仕組み
    ■強力な電圧は、大量のエネルギーを消費するプロセスによって発生するため、電源としての実用化は未達成

    https://nazology.net/archives/32092

    この記事の続きを読む

    t-onigiri

    1: 風吹けば名無し 2019/11/24(日) 15:43:35.80 ID:kveLdLeW0
    【問題】
    あなたは高校の教師である。
    ある日、授業の一環として稲刈りの体験作業があり、僻地の農家に田植えの体験授業に生徒を連れて出かけた。
    稲刈りの体験作業の後、農家のおばあさんがクラスの生徒全員におにぎりを握ってくれた。
    しかし、多くの生徒は他人の握ったおにぎりは食べられないと、たくさん残してしまった。

    [問1]
    あなたは、おにぎりを食べられない生徒に対しどのように指導しますか。

    [問2]
    あなたはこの事実をおばあさんにどのように話しますか。

    (2019年 横浜市立大学 医学部医学科小論文試験 改題)

    この記事の続きを読む