なんJ PUSH!!

なんJまとめブログ『なんJ PUSH!!』です。野球の話題メインですが、大学・地域・就職・歴史・ゲームなどなんJの様々なジャンルをまとめております。試合速報記事もアップしております。


    政治・歴史

    94f4062878fefead1da75709ad47477e_t

    1:風吹けば名無し 2020/01/17(金) 19:53:25.32 ID:eFC972of0
    世論調査、死刑制度容認が80% 「廃止すべきだ」は9%
    1/17(金) 17:16配信共同通信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200117-00000137-kyodonews-soci

    容認する人に理由(複数回答)を問うと
    「廃止すれば被害者や家族の気持ちが収まらない」が最多の56.6%で
    「凶悪犯罪は命をもって償うべきだ」の53.6%が続いた。

    廃止を求めた人の理由(複数回答)は「
    裁判に誤りがあったとき、取り返しがつかない」が最多の50.7%
    続いて「生かして罪の償いをさせた方がよい」42.3%の順だった。
    この記事の続きを読む


    1:風吹けば名無し 2020/01/17(金) 19:29:16.37 ID:8nIWtLVm0
    20200117_darvish_gc2-560x373

    今オフ、メジャーリーグを揺るがしている“サイン盗み”問題が思わぬところにまで広がっている。
    ロサンゼルス市議会は、2017年のアストロズ、2018年のレッドソックスのトロフィーを剥奪し、ドジャースに授与するようMLBに求める決議案の採決を1週間以内に行う予定だという。地元紙「LAタイムズ」が伝えている。

     ドジャースは2017、18年と2年連続でワールドシリーズ進出したものの、アストロズ、レッドソックスに2年続けて敗れて世界一を逃していた。
    しかし、今オフ、そのアストロズとレッドソックスに“サイン盗み”疑惑が浮上。
    アストロズは1年間の報酬なしの停職の処分となったジェフ・ルーノーGMとAJ・ヒンチ監督の解任、レッドソックスは2017年までアストロズでベンチコーチを務めていたアレックス・コーラ監督を解任する事態となった。

     記事では、この決議案の発起人の1人であるギル・セディロ市会議員がこの決議案が採択される見込みだと語った事に言及。
    「これは公正と正義のためです。2017年に最高のチームはどこだったでしょうか? 2018年に最高のチームはどこだったでしょうか? ドジャースでした。ズルをしていたチームに負けたのです」としている。

     16日(日本時間17日)時点ではアストロズにはルーノーGMとヒンチ監督の1年間の報酬なしの停職の処分、2020年と2021年のドラフト1巡目と2巡目の指名権剥奪と罰金500万ドル(約5億5100万円)の処分が課され、レッドソックスは調査中となっている。
    今後どのような展開になっていくのか注目が集まってい
    この記事の続きを読む

    chikyugi

    1: 風吹けば名無し 2020/01/15(水) 20:09:09.81 ID:1UGxOH/10
    社会的流動性の機能不全に対処する行動が必要
    1990年代以降所得不平等が拡大しているため、社会的流動性が失速しています。
    これは、社会的に下層にいる人々がほとんど出世できない一方で、最も富裕な人々の大半がその財産を維持しているということです。
    OECDの新報告書、『社会階層のエレベータは壊れているのか?社会的流動性を促進する方法(A Broken Social Elevator? How to Promote Social Mobility)』によると、これは社会的、経済的、政治的に深刻な結果をもたらします。

    本報告書によると、現在の不平等と世代間の所得流動性では、貧しい家庭出身の子供が平均所得に到達するのにOECD諸国平均で少なくとも5世代または150年かかることになります。

    北欧諸国ではそれが2~3世代ですが、新興諸国の中には9世代以上かかる国もあります。
    低所得の父親を持つ子供の3人に1人は自身も低所得となるのに対して、残る2人のほとんどは社会的に上昇するといっても、すぐ上の所得階層への移動に限られています。

    OECD首席補佐官兼G20シェルパでOECDの包摂的成長イニシアチブと雇用・労働・社会問題局の監督を務めるガブリエラ・ラモス氏は次のように述べています。
    「自分たちが発展に取り残されており、子供たちが出世するチャンスはほとんどないと感じている人があまりにも多い。誰もが、特に最も恵まれない環境にある人々が成功するチャンスを得られるようにし、成長を真に包摂的なものにする必要がある。」

    世代間での所得流動性の可能性は、所得不平等が大きい国ほど弱く、不平等が小さい国ほど強くなる傾向があります。

    北欧諸国は不平等を小さく、社会的流動性を高くしているのに対して、南米諸国とその他いくつかの新興諸国では、不平等が大きく流動性は低くなっています。

    本書で観察されている4年間で、約60%の人々が所得階層の最下位20%に停滞していたのに対して、70%が最上位に留まっていました。それと同時に、全ての中流階級の7人に1人、そして低所得により近い人々の5人に1人は、下位20%に転落しました。

    各国は、誰にでもチャンスを与える政策を実施する必要があります。
    教育、特に幼児教育と医療、家族政策への投資を増やすことで、恵まれない環境にいる子供のハンディをなくし、経済的な困難が彼らの将来に及ぼす影響を削減することができます。
    セーフティネットと訓練制度を強化するとともに、社会保障給付制度を仕事ではなく個人と結びつけることで、特に低所得の人々が失業に対処できるようになります。
    https://www.oecd.org/tokyo/newsroom/action-needed-to-tackle-stalled-social-mobility-says-oecd-japanese-version.htm

    no title

    no title

    この記事の続きを読む

    fdc83726

    1: 風吹けば名無し 2020/01/11(土) 08:27:44.68 ID:fXsb4Ur00
    人口急減・超高齢化の進展の下では、社会保障負担の増大などを通して現役の働き手の世代の負担増加を続けていく懸念がある。

    負担と受益の関係が大きく損なわれると、経済へ悪影響が生ずるおそれがある。

    世の中の仕組み、制度や政策は、その時々の状況にあわせて見なされていくものではあるが、問題は人口の規模や構成といった大きな変数が急激に変化していくその速度である。

    https://www5.cao.go.jp/keizai-shimon/kaigi/special/future/sentaku/s3_2_11.html

    この記事の続きを読む


    1:風吹けば名無し 2020/01/11(土) 14:01:30.09 ID:aX1GMKvH0
    20200111-00000070-kyodonews-000-view

    【テヘラン共同】国営イラン放送によると、イラン軍は11日、首都テヘランで8日に墜落したウクライナ機について、軍が誤って撃墜したと認める声明を発表した。同機の技術的なトラブルが原因だとしていた主張を撤回した。イラン軍は声明で、人的ミスで故意ではないと強調。イラン国民や犠牲者の遺族に謝罪の意を表明した。

     イラン当局が、国防に関わる主張を撤回し謝罪するのは極めて異例。客観的で明確な証拠が存在し、「事故」との主張を維持できないと判断したとみられる。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200111-00000070-kyodonews-int
    この記事の続きを読む

    chikyugi

    1: 風吹けば名無し 2020/01/10(金) 21:58:20.43 ID:FijJD6we0
    世界で最も幸せな国はフィンランド 国連調査
    https://www.afpbb.com/articles/-/3167398

    報告書では、幸福度を支えると考えられる、所得、健康寿命、社会的支援、自由、信頼、寛容の6つの要素を基にランク付けが行われている。

    今年の報告書では移民の幸福度が主要テーマに据えられており、117か国・地域を対象にしたランキングでもフィンランドが1位だった。

    報告書の共著者でカナダ・ブリティッシュコロンビア大学(University of British Columbia)のジョン・ヘリウェル(John Helliwell)教授は「報告書の結果で最も印象的なのは、移民と、その国で生まれた人たちの幸福度に著しい一致があることだ」と指摘する。

    移民の幸福度は主として移民先の国の生活の質次第であることを示唆している。(c)AFP

    no title

    no title

    no title

    この記事の続きを読む


    1: 風吹けば名無し 2020/01/10(金) 18:12:38.15 ID:jMcBevDIM
    ネット依存、条例で防ぐ? 香川県議会で発議へ
    https://r.nikkei.com/article/DGXMZO50220090W9A920C1AC1000?s=5
    スマートフォンの普及に伴ってインターネットやゲームのやり過ぎが社会問題となるなか、香川県議会が全国初の条例制定に向けて動き出した。2020年2月の定例会で議員発議し、同4月の施行を目指す。やり過ぎによる「ゲーム障害」は国連機関も疾病と認めており、条例では普及啓発だけでなく何らかの規制策を盛り込む方針だ。実効性のある条例制定に向けて今後、議論を重ねていく。(辻征弥) 
    「平日は60分」にゲーム利用時間を制限 香川県の条例素案に波紋 山田太郎議員「誰の何の為なのか甚だ疑問」
    https://news.biglobe.ne.jp/domestic/0110/blnews_200110_6267825639.html
    「スマホ平日60分」県条例素案
    https://www3.nhk.or.jp/lnews/takamatsu/20200110/8030005573.html
    no title

    no title

    no title



    この記事の続きを読む

    kamikaze

    1: 風吹けば名無し 2020/01/09(木) 20:40:08.15 ID:Xw9zGnkI0
    この記事の続きを読む