なんJ PUSH!!

なんJまとめブログ『なんJ PUSH!!』です。野球の話題メインですが、大学・地域・就職・歴史・ゲームなどなんJの様々なジャンルをまとめております。試合速報記事もアップしております。


    政治・歴史

    houtei

    1: 風吹けば名無し 2019/12/06(金) 13:57:12.33 ID:xtg9m6F00
    なんやこの制度
    東名あおり運転、審理差し戻し 高裁「手続き違法」
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO53033370W9A201C1CR0000/
    神奈川県の東名高速道路で2017年、あおり運転で停車させられた車の夫婦が死亡した事故で、自動車運転処罰法違反(危険運転致死傷)などの罪に問われた石橋和歩被告(27)の控訴審判決が6日、東京高裁であった。朝山芳史裁判長は懲役18年とした一審・横浜地裁の裁判員裁判判決を破棄した上で、審理を地裁に差し戻した。


    この記事の続きを読む


    1:風吹けば名無し 2019/12/04(水) 22:59:53.86 ID:eJ6JUGE00
    首里城火災 開かずの放水銃 設置後、訓練もしていなかった
    https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/506130

     首里城火災で放水銃1基の収納ぶたが開けられず消火活動に使えなかった件で、この1基が2017年度の設置以降、防災訓練で使われていなかったことが3日、分かった。首里城を運営管理する沖縄美ら島財団は、火災時に監視員が専用工具で地下ピットのふたを開ける運用にしていたが、初動対応が浸透していなかった恐れがある。

    6ab78_1424_fa599f28_9effa7e1

     財団は10月31日に発生した火災時の監視員の動きについて「初期消火や消防隊の誘導に当たり、放水銃のふたを開ける作業には至らなかった」と説明した。

    (中略)

     財団によると、18年度は御内原エリアが未開園で、この放水銃を使った消防訓練をしなかった。今年5月に放水試験をし、12月の消防訓練で使う予定だったという。財団は「管理体制が適切だったかを含めて検証し、見直すべきところは全て見直し再発防止に努める」とコメントした。
    この記事の続きを読む


    1:風吹けば名無し 2019/12/03(火) 17:52:45.08 ID:zd/Jvz/M0
    fig19052411430004-p1

    イチロー氏 4度目の「国民栄誉賞辞退」か
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191203-00000036-tospoweb-base

     今回で4度目だが、安倍首相がイチロー氏に国民栄誉賞を打診した背景には、野党からの「桜を見る会」を巡る疑惑追及を逃れる目的があったとみられていた。

     政府関係者は「安倍首相は相当ショックを受けています。イチロー氏はオリックス社長と三井住友銀行頭取のスペシャルゲストとして首相官邸に招待されたんです。
    イチロー氏は、新聞に掲載される『首相動静』に本名の“鈴木一朗”の表記をお願いしていました。安倍首相の意向は最初からバレバレで、浅はかだったといわれています」と話す。

    「桜を見る会」を巡っては、反社会的勢力を招待した疑惑に続き、新たにマルチ商法で行政指導を受けた「ジャパンライフ」の山口隆祥会長(当時)を招待した問題が焦点と化している。

     2日の参院本会議で安倍首相は、山口氏が招待された理由について明言を避けた一方、自身と昭恵夫人は、山口氏との個人的な関係は「一切ない」と話した。

     野党議員は「安倍首相は国民栄誉賞を私物化しています。イチロー氏に授与を打診したことは、節操がないし、大失敗でした。
    また反社会的勢力を招待した疑惑に関し招待者名簿を破棄し、ジャパンライフ問題でも今国会のうちに幕引きしたい意向がみえみえ。エンドレス追及していきます」と全く引く気はないという。
    この記事の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2019/12/02(月) 09:12:02.93 ID:AK3ckCuAd
    新国立競技場、年十数億円赤字も だれも「手を挙げない」民営化先送り
    8
    https://mainichi.jp/articles/20191130/k00/00m/040/174000c
     1964年東京五輪の舞台となった旧国立競技場の建て替え調査から8年。2020年東京五輪・パラリンピックのメインスタジアムとなる新国立競技場が11月30日完成した。当初計画の白紙撤回を経て再始動する「スポーツの聖地」に、夢とレガシー(遺産)はあるのか。【浅妻博之、松本晃、円谷美晶】

    「屋根がつけば手を挙げるところも」しかし費用が…

     「いつ赤字を覚悟するのか。とりあえず五輪後だ」。大会関係者は声を潜める。

    この記事の続きを読む