引用元:http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1479174597
キャプチャ

1:名無しさん 2016/11/15(火)10:49:57 RCo
毎年ドラフト会議が行われ、多くの選手が夢や希望、期待や不安を背負ってプロ野球界に入ってくる。

しかし、その影では毎年多くの選手が入れ替わりにプロの世界から追いだされていく。

「戦力外通告」

将来を嘱望され、強打者として期待された一人の男がクビを宣告された。

俺はまだやれる、そう誓って最後の戦いに挑むのであった。
2:名無しさん 2016/11/15(火)10:51:31 g7C
期待
3:名無しさん 2016/11/15(火)10:52:04 s8L
だれやろ

ゴッツあるかもな
4:名無しさん 2016/11/15(火)10:52:27 RCo
11月某日、一人の男が名古屋市内のトレーニングジムで汗を流していた。

彼の名は高橋周平、つい先日まで中日ドラゴンズの内野手だった。

―中日の練習施設は使われないんですか?

「使えるものなら使わせてもらいたいですけれどね…ナゴヤ球場に行ったら『もううちの選手じゃないから』って」

高橋は苦笑いを浮かべてそう言った。
5:名無しさん 2016/11/15(火)10:52:56 ALR
えぇ‥‥
6:名無しさん 2016/11/15(火)10:53:18 aVe
シュウヘイ…
7:名無しさん 2016/11/15(火)10:53:22 qRQ
うせやろ
10:名無しさん 2016/11/15(火)10:53:43 RCo
高橋は2011年ドラフト1位で中日に入団、甲子園出場経験のない高校生野手としては異例の3球団競合の指名だった。

1年目から一軍での出場機会を与えられ、プロ5年目の2016年にはサードのレギュラーを掴みかける所まで来ていた。

「けどそれ以降はずっと怪我して、バッティングフォームおかしくなっての連続でしたね」

その後は次第に他の若い選手や外国人選手に出場機会を奪われることが増えていった。いつしか二軍暮らしの日々ばかり続いていた。

そして今年、28歳になった高橋は戦力外通告を受けたのだった―――
11:名無しさん 2016/11/15(火)10:54:58 g7C
シュウヘイってスペ体質なんか?
12:名無しさん 2016/11/15(火)10:55:37 qRQ
>>11
今年はいけるやん!ってとこで怪我した
14:名無しさん 2016/11/15(火)10:56:28 RCo
「俺はまだいけると思っているんですよ。中日では最後の2年間は殆ど二軍暮らしでしたけど」

「けど、トレードの話もまとまらなかったって事は、そういう事なのかも知れませんけれどね」

そして高橋は、戦力外を受けた後森GMに会った際に言われた言葉が頭に残っていると言う

「森さんに言われたんです、『もっと良い選手になれる筈だったのにな』『俺達が上手く育てられず悪かったな』と」

「自分に悔しかったですね。森さんにこんな事を言わせてしまった自分が…」

そう言い高橋は鼻を啜り目に溜まった涙を拭った。
17:名無しさん 2016/11/15(火)10:58:21 RCo
1週間後

この日は同じく戦力外を受けトライアウトに臨む松井雅人、野村亮介と共に合同トレーニングを行っていた。

「今日は野村のツテで高校のグラウンドを借りることが出来ました!」

「やっぱりグラウンドでの練習は最高ですね!…練習できるありがたみが今になってようやく分かったような気がします」

一緒にトレーニングする野村が高橋について語ってくれた。

「周平はきっと何処かが獲ってくれると思うんです。アイツのバッティングはまだ錆びちゃいない」
20:名無しさん 2016/11/15(火)10:59:02 aVe
>>17
松井雅人めっちゃとばっちりでワロタ
18:名無しさん 2016/11/15(火)10:58:34 f2j
やめーや
21:名無しさん 2016/11/15(火)11:00:36 RCo
迎えたトライアウト当日

この日、Koboパーク宮城で12球団合同トライアウトが行われた。

参加者は投手41人、野手28人の69人だった。

「出来ることなら松井さんみたいにトライアウトまでにオファーがあったら最高だったんですけどね」

合同トレーニングで一緒だった松井雅人は、トライアウト直前にオリックスと契約が合意していた。

「持ってる力を全て出し切ってきます」

そう力強く語り球場へ入って行った高橋、いよいよ運命を懸けた戦いが始まる。
23:名無しさん 2016/11/15(火)11:01:34 ALR
まーた野手難トライアウトなのか
25:名無しさん 2016/11/15(火)11:02:32 RCo
第一打席、相手は元ヤクルトの原。

初球から積極的にスイングしていくが1球もバットに掠らず空振り三振。

その後二打席連続で凡退し迎えた第四打席。

マウンドに上がった投手は―――

合同トレーニングで共に汗を流した野村だった。
26:名無しさん 2016/11/15(火)11:02:52 qRQ
じゅりちゃん...
27:名無しさん 2016/11/15(火)11:03:36 g7C
原樹里アカンか
28:名無しさん 2016/11/15(火)11:04:20 RCo
初球、ボール。フォークボールが高めにに大きく抜けた。

2球目、インコースやや真ん中よりのボール。これに手を出したが内野スタンドに入るファウル。

カウント2-2となった3球目、野村の投じた139キロの直球はど真ん中に来た。

高橋は渾身の力を振り絞りフルスイングした。ボールはぐんぐん伸びて行き、バックスクリーンに直撃した。
34:名無しさん 2016/11/15(火)11:06:31 RCo
第五打席でもツーベースを放ち、最終的なこの日の成績は7打数2安打1本塁打。守備でも三塁で数度守備機会があったが、いずれも無難にこなした。

―お疲れ様でした。

「お疲れ様でした。」

―どうですか?実感としては

「うーん、まあ細かく言えば色々ありますけれどね、とにかく自分の出せる力は全て出せたと思います」

―野村さんからホームランを打ったわけですけれども

「複雑ですよね、野村はそれまで完璧に抑えていたのに、急に制球が乱れて…野村もやり辛かったでしょうね」
38:名無しさん 2016/11/15(火)11:08:11 ALR
かなしい世界
41:名無しさん 2016/11/15(火)11:08:48 RCo
トライアウト後、他球団からの連絡は通常1週間以内にかかってくる。

それを過ぎた後、オファーはほぼ無いと言っても過言ではない。

トライアウトから3日がたったこの日、高橋の携帯に連絡は無かった。

「まあまだ3日ですしね、どこも編成の都合があるでしょうし。それより…」

そう言い目線を机のスポーツ新聞に下げた高橋。そこには、野村の現役引退、打撃投手への転身が書かれた記事が載っていた。
44:名無しさん 2016/11/15(火)11:10:27 RCo
トライアウトから5日が経ったある日、事態は急展開を迎えた。

PLLLL PLLLL

「…!」

「はい、高橋です」

「はい、お世話になります。…はい、それは支配下でって事ですよね?」

「はい、分かりました、はい…ありがとうございます、これからよろしくお願いいたします。失礼します…」

―どこからですか?

「楽天です、獲得させていただきたいと」

「本当にうれしいです、チャンスを頂けて。感謝しかないです…」

電話は楽天イーグルスからだった。内野手の長距離砲を探していた楽天の補強ポイントと合致したようだ。
46:名無しさん 2016/11/15(火)11:10:41 dw8
やったぜ。
47:名無しさん 2016/11/15(火)11:11:23 g7C
シュウヘイ!
48:名無しさん 2016/11/15(火)11:11:29 f2j
楽天高橋周平爆誕
54:名無しさん 2016/11/15(火)11:13:54 RCo
その後高橋は正式に楽天と契約。1年契約で年俸は推定1,200万円だ。

「チャンスを与えていただき感謝しています。チームの為にこれから一生懸命がんばっていきます」

毎年、多くの選手がクビを言い渡され、プロ野球界を去っていく…

しかし、そこには、運命に抗う男とそれを支える仲間との人間ドラマがあった。


プロ野球戦力外通告 クビを宣告された男達 高橋周平篇 完
55:名無しさん 2016/11/15(火)11:14:45 RCo
この物語はフィクションであり、実在の人物・団体とは一切関係ありません
64:名無しさん 2016/11/15(火)11:22:54 Ysv
まーたウチがものひろいしたのか
57:名無しさん 2016/11/15(火)11:15:48 g7C



現実世界のシュウヘイは竜の4番になってくれるはずだから…