引用元:http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1479138404
e1736566-s

1:名無しさん 2016/11/15(火)00:46:44 sRL
横浜アリーナで祝われる中日戦争の家
三浦は仕事の品質を始めたが、打撃パルスを打たずに敗れた。
ファンの一口スタジアムの音が「100年のポートフォリオの喪失」になった音の場所から
初期の選手は沈黙の中で始まった。
手にWBCの王冠、喜び、興奮、何よりも、彼の同志の信頼できるチーム......
ヨコハマをダウンロードすることは事実上不可能なことです
「私は私と同じです...... ......」仙台は悲惨な流れを続けています
どのくらいのろう付け後、または突然目を覚ました仙台
それは明らかに泣いて疲れて、座席が現実に戻った感じ
"ああ、私の神、四川の笑みを浮かべて、家で訓練する必要はありません
成長が起きたとき、突然彼は川に入った

「あなたは...... ......公開されているという事実?
彼は仙台に目を見せてベンチから飛び降り、観客は満員になる必要はなかった
期限切れとマークされた1000人が、地震としてベイスターズの応援歌を見せた
川上でさえ驚いて、それが何を意味するのかわからない、私はこの音がよく聞こえると聞きました
「誠一は、練習をして、早く帰る」と私の目を信じられなかった音に戻ってきた
「あなた...... ......スズキ? "何顎、何も昼寝しない?"
「それはコマダの監督ですか?」 "カワウチとは何か、是非、駒田さんの無許可の掲示板が欲しい"
「石井...」カワウチは同時にスコアボードを見て、パニックの半分
#1:石井卓2:事例3:鈴木久保4:ローズ5:6小田数:仙台7:神8:谷茂№9:斎藤隆
言葉ではありませんが、仙台は心の中にすべてがなくなっていることを実感すると驚いています。雲があります
"......私は勝つよ!"
ルートから離れて、仙台はスプリントグラウンドの完全な力を奪い、涙を流して光る...

次の日、ベンチの川の寒さで見つかった、YoshimuraとMuratは病院で平和的に過ごした
2:名無しさん 2016/11/15(火)00:47:55 2pB
途中から仙台が主人公になってて草
4:名無しさん 2016/11/15(火)00:48:54 9Yh
>>2
川内→せんだい→仙台ならわかるんやけどなぁ
3:名無しさん 2016/11/15(火)00:48:34 Z9z
> YoshimuraとMuratは病院で平和的に過ごした

5:名無しさん 2016/11/15(火)00:49:16 2ki
中国と戦争おっぱじめてて草生えますよ
6:名無しさん 2016/11/15(火)00:49:55 u29
内川→川内(かわうち)→川内(せんだい)→仙台か
7:名無しさん 2016/11/15(火)00:50:40 9Yh
>>6
日本語:内川
中国語:川内
イタリア語:Sendai

てか入れ替わる要素ほかにないしこうやろな
8:名無しさん 2016/11/15(火)00:50:49 sRL
日→中→日バージョン

ホーム、横浜アリーナで祝わ日清戦争、
三浦は、操作品質だけでなく、バ​​ッティング表示勢いのない敗北を開始しました
ため息がスタジアムを音ファンは、「100年のバックログの損失を。」来た場所の音から
誰が沈黙、昨年の首位打者仙台の叫びだけではベンチの早い選手で開始
WBC、喜び、感動、上記のすべて、信頼できるチームメイトで手にクラウン......
横浜で、今それを得ることはほとんど不可能である良いです
「私は私がどのようにしています......」仙台はトラブルを流し続けています
どのくらいのろう付け後、または、突然仙台を目覚め
これは明白な眠りは疲れて泣いているようで、バック感じ座席は現実に引き戻さ
四川つぶやく笑顔の中に「私の神は、家に戻って訓練する必要はありません」
成長が立ち上がったとき、突然、川で発見

「あなたは...... ......?聴衆を持っていますか?」
仙台の外にベンチから飛び降り観客が埋め観覧席まで欠けていた、目となっています
振ることが期限切れとしてマークされた一千は、それが地震のようベイスターの応援ソングを鳴らし
戻る川上に私が聞いた、それが何を意味するのか分からない唖然としたおなじみの音が聞こえます
バックの音に向かって川内は私の目を信じることができませんでした」誠一は、練習を守備、我々は、早退します "
「あなたは......鈴木?」「何あご、何も昼寝?」
「これは...駒田コーチ?」「何川内、屋不正駒田の退職願っています」
「石井は... "川内はパニックを半分に同時にスコアボードを見上げました
第1:拓石井2:ハル3号:久鈴木4号:ローズ5:駒田6番号:仙台#7:神道8号:TaniShigeru 9号:斎藤隆
簡単に言えば、誰仙台が心配あなたはすべてを理解するとき、もはや彼の心には雲がありません
「私は......勝ちます!」
ルートから受信し、仙台は彼の目に涙を浮かべて輝く、スプリント完全な力の地面をつかむ無関係な怒っています...

次の日は、ベンチに寒いです、吉村と村田は静かに病院で渡された川で発見されました
9:名無しさん 2016/11/15(火)00:51:11 9Yh
>>8
な ぜ 仙 台
12:名無しさん 2016/11/15(火)00:52:01 u29
>>8
ついに日清戦争おっぱじめたか
川にぶちこまれてる吉村村田で草
10:名無しさん 2016/11/15(火)00:51:14 7jS
日清戦争で草
11:名無しさん 2016/11/15(火)00:51:40 9Yh
とりあえず中国語バージョンハラデイ
13:名無しさん 2016/11/15(火)00:52:14 sRL
日→伊→日バージョン

横浜スタジアムで祝わ家、日清戦争、
一斉スタートは勢いを見せず三浦は、バッティングでも敗北した傾斜します
スタジアムで果たしているファンのため息は、どこかから聞いた「100損失今年の声を実行してください。」
内川が一人でベンチに泣い昨年、帰り沈黙の中で首位打者を開始する選手のうち、
WBC、喜び、感動、そして最も重要なのは、信頼性の高いチームメイトで手に栄冠...
ダウンロード横浜はほとんど不可能と言ってよかったです
「私は...べき方法」内川は嫌がらせを流し続け
どのくらいのはんだ付け後または、内川目を覚まし
明らかに泣いて眠りに落ちた疲れて、冷たいベンチ感が現実に引き戻されたようです
「くそ、家庭教育での必要はありません」内川は苦笑としてつぶやいれます
成長が立ち上がったとき、内川は突然気づきました

「...あなたがいずれかを持っていますか...?公共の?」
ベンチから飛び降り内川は、ちょうど観覧席まで満たされていない公共の彼の目でした
確からしい期限切れのショックのような千フラグは、地震歌を応援ベイスターを演じていました
それが何を意味するのか知っていない唖然として内川の背中に、私は聞き覚え声を聞きました
「誠一、守備の練習は、私たちは早期に行く」内川は彼の目を信じることができなかった声のほうに向き直っ
「あなたは...鈴木? " 「何あご、でも昼寝何でしたの?」
「これは...駒田コーチ?」 「何内川は、雅は駒田の許可なしに引退したいです」
内川はボードと半分パニックを見て「石井のうち... "
#1:拓石井号2:ハルのn°3:久鈴木N°4:ローザN°5:駒田6番:内川#7:進藤8号:TaniShigeru 9号:斎藤隆
簡単に言えば、それはあなたがすべてを理解するとき、もはや、唖然としなかったこと内川だった彼の心には雲がありました
「私が勝つ...勝ちます! "
地面に完全な強さをスプリントする中根、内川によってグラブを取得し、彼の目にシャイニング・ティアーズは後悔する外国のものでした...

翌日、ベンチに冷えている内川が発見され、病院で静かに吉村と村田が渡さ
14:名無しさん 2016/11/15(火)00:53:51 4Rv
横浜は仙台だった…?
15:名無しさん 2016/11/15(火)00:54:33 9Yh
>>14
青葉区あるやん!
16:名無しさん 2016/11/15(火)00:54:46 sRL
日→露→日バージョン

ホーム、横浜スタジアムで祝われる日清戦争、
勢いを見せずに敗北として三浦が実行体重、バッティングを起動
スタジアムに音ファンため息は、どこかの声を聞いた「100損失は今年やるの。」
一人でベンチに泣いて無言で帰り始める選手、大手ストライカー最後内川のうち、
WBC、喜び、感動、そしてチーム内のすべての信頼できるパートナー上記で彼の手にローラス...
横浜で、今それを得ることはほとんど不可能である、と言ってよかったです
「私は必要として私は...」内川は迷惑を流れ続けます
どのくらい彼またははんだ付け後、内川はおびえて目が覚めました
それは現実に引き戻された冷たいベンチを感じ、明らかに疲労を泣いて、眠っているようです
「そうねえ、家に戻って訓練する必要はありません」内川は笑顔ながらつぶやいれます
成長が上昇したとき、内川は突然気づきました

「...あなたは?...公共のいずれかを持っていますか?」
ベンチから跳躍内川は、観客は単に容量いっぱいにスタンドを作っていた、目でした
そうのようなフラグの数千人を振盪有効期限が切れて、彼はベイスターズ応援歌の地震を鳴らし
内川は唖然と裏面に、それが何を意味するのかを知ること、そして私は聞き覚えの声を聞いたことがありません
「誠一練習フィールディングは、我々は早期に行く」内川は私の目を信じることができなかった声に見えました
「あなたは...鈴木? " 「何もビープ音だったあご?」
「それはね...駒田コーチ?」 「何内川、Yaは駒田で許可なしに残したいです」
「石井は...」内川は半分パニックながらスコアボードを見て
ナンバー1:拓石井番号2:ケース番号3:鈴木久番号4:ローズ5番:駒田6番:内川#7:進藤番号8:TaniShigeru№9:斎藤隆
簡単に言えば、それはあなたがすべてが単一のクラウドではなかった彼の頭の中でもはや実現しないときに唖然ませんでした内川でした
「私が勝つ...勝ちます! "
中根の発作を取得し、内川が地面に完全な力をスプリント、失望とは何かがあった彼の目に光る涙...

次の日、内川は、それは、吉村観察ベンチで寒さだし、ミュラは病院で落ち着いていました
18:名無しさん 2016/11/15(火)00:56:21 2pB
谷茂がレギュラーで出演してるやん 誰だよ
19:名無しさん 2016/11/15(火)00:56:35 sRL
あとはまあ
日→英→日バージョン
 
横浜スタジアム、本拠地で真夜中の戦いが挨拶
三浦は多くの得点を挙げ、打撃ラインは勢いを見せず、圧倒的な敗北だった
スタジアムを攻撃するファンからの一呼吸、「今はどこが100の損失ですか?」という声が聞こえます。
黙って帰ってきた選手の中で、昨年のトップ打者の内田は自分のベンチで泣いていた
クラウン、喜び、興奮、信頼できるチームメイト、WBCに...
私は横浜でそれを手に入れることがほぼ不可能であったことをうれしく思いました
「あなたは何をしたいですか?」内川は後悔し続けました。
彼女がどれくらいの時間を過ごしたのか、宇川はついに目を覚ました。
どうやら私は疲れて眠りに落ち、冷たいベンチの感覚は現実に戻った
「男の子、私は戻って訓練しなければならない」ウチカワは気分よく笑いながら呟いた
立ち上がって成長すると、内川は突然気づいた

"それは...あなたは顧客を持っていますか?"
ベンチから飛び出した内川は外野座に埋葬された観衆
旗があまりにも震えていたので、それはたくさん切れてしまいました。そして、ベイスターズの応援歌は、
私はそれが何であるかを知らずに唖然とする内川の背中に身近な声を聞くことができた
「誠一、守備練習、早く行く」声を振り返った内川は目を疑った
"蘇...鈴木さん?" 「なんでこんなにおいしかったの?」
"コ...コマーダのコーチ?" "何をしていますか、中川、駒田さんを引退しようとしています"
「石井さん...」ウチカワはスコアボードを見上げ、半分はパニックになりました
第1号:石井卓2:信長3:鈴木隆4:ローズ5:駒田6:内川7:新堂8:谷9:斎藤田中
内川はしばらく呆然としていたが、すべてを理解すると、もはや心の中に雲がなかった
"私は勝つことができます...私は勝つことができます!"
中川から取って地面に全力を尽くす内川は、涙の目は後悔しない。

翌日、ベンチで寒くなっている内川が見つかり、吉村と村田は静かに病院で呼吸をした
22:名無しさん 2016/11/15(火)00:57:12 9Yh
>>19
>吉村と村田は静かに病院で呼吸をした

生きとるやん……
20:名無しさん 2016/11/15(火)00:56:35 nxW
東北横浜ベイスターズ
21:名無しさん 2016/11/15(火)00:56:46 48w
平和に過ごしてて草
23:名無しさん 2016/11/15(火)00:57:36 2ki
やっと戦争終わりか
25:名無しさん 2016/11/15(火)00:58:59 sRL
おまけ
日本語と文法構造が似てるという
日→韓→日バージョン

故郷横浜スタジアムで迎えた中日戦
先発三浦が大量失点打線も勢いを見せず惨敗した
競技場に響くファンのため息、どこかで聞こえる「今年は100敗だ」の声
黙って帰って開始選手の中には、昨年首位打者内は一人でベンチに泣いていた
WBCで手に入れた優勝、喜び、感動、そして何よりも信頼できる仲間...
それを今の横浜で得ることはほとんど不可能だと述べた良かった
「どのようにすればいいですね...」ウチは悔し涙を流した
どの過ぎたのだろう、内田は驚き目を覚ました
どうしても泣き疲れて眠ってしまったようだ冷たいベンチの感覚が現実に戻した
「やれやれ、帰ってトレーニングをしなくちゃいけない」内川は苦笑を浮かべ呟いた
立ち上がって伸びをしたとき、内田はふと気づいた

「語...?お客さんがいる...?」
ベンチから飛び出した内田が見たのは、外野席まで埋めませんが、観客だった
破れほど旗が振られて地響きのようにベイスターズの応援歌が響いた
何が起こっ知らずにぼんやりとする内田の腰に聞き慣れた声が聞こえてきた
「誠一守備練習である、高速に行こう」の声に振り返った内田は目を疑った
「多...鈴木さん?」 「なんだ顎眠気もあったのか?」
「この...駒田コーチ?」 「なんだウチ勝手に駒田氏引退シキョイていく "
「石井さん...」ウチは半分恐怖されスコアボードを見上げた
1回:石井琢2番:ハル3回:鈴木久4回:ローズ5番:駒田6回:内田7回:信徒8回:谷繁9番:斎藤隆
しばらく気絶していた内川だったが、すべてのことを理解したとき、もはや彼の心には、雲ひとつなかった
「勝つ...勝つよ!」
カネでグラブを受けてグラウンドに全力疾走する内田その目に光る涙は悔しさとは無関係なものであった...

翌日ベンチで冷たくなっている内田が発見され、吉村と村田は病院で静かに息を引き取った
28:名無しさん 2016/11/15(火)01:01:42 4Rv
>>25
首位打者内爆誕
29:名無しさん 2016/11/15(火)01:01:51 mL6
>>25
割と違和感ないけど内田って誰やねん
26:名無しさん 2016/11/15(火)01:00:44 s9o
事例すこ
32:名無しさん 2016/11/15(火)01:03:10 sRL
これはなかなかひどい
日→独→日バージョン

中日は前に彼の故郷横浜スタジアムで祝わ
三浦先発は敗北見えないマスフライホイールをも認めています
どこかで音スタジアムでファンの響きため息: "今年は100 Lである、"声
選手の中には、ウチはベンチに一人で泣いて打率、静かに戻って、前の年に始まりました
手でWBC、喜び、勝つために感情、そして信頼できる同僚の後に何を...もっと
今横浜で彼を得るために良かったことはほとんど不可能であることを述べています
涙ウチ円筒形を流した "私は...あなたを望みます」
どのように通過した、スタート驚きを喚起され、
ワインのために何とか疲れて眠るようで、失われた冷たい現実を感じてベンチに戻します
「あー、教育に戻すべきではないか」と、彼はウチ川がゆがんだ笑顔を微笑んでつぶやきました
あなたが立ち上がってストレッチすると、ウチが突然実現しています

「ええと...?...ゲストがあります?」
これは、国内の銀行の回復によって監視されるだけでなく、観客はグランドスタンドを埋めました
ベースの曲はタスマンをエコーchayeoとして破れなど多くのフラグのようなTtangulrim
ぼんやりと来て、国内の背面に熟した耳音声のどの部分か分からない、それが来ます
バック声に見えたウチの目が疑われた「防衛誠一の練習はレッツゴーです」
「スズキは...? " 「でも、何だった「眠気あごを引き起こしますか? 「
「...駒田コーチ?」 「何が自由に駒退職sikyeoyi田氏はウチのだろう」
「石井は...「ウチはトップにスコアボードを見て、恐怖の半分であります
1:拓石井#2:ハル3:久鈴木、4:ローズ5:駒田6回:ウチ7神道8:9にDanisi:斎藤隆
内陸の川が、彼はすべてを理解しているかのように、一時的に気絶させていた、彼の心は、雲は、もはやありませんでした
「私が勝つ...勝ちます! "
ケインは、独立したが、しぶしぶ思われたウチはいつも彼女の目に涙地面にスプリントからあなたをつかみます...

ウッチに冷却ベンチ上の次の日は、吉村と村田は静かに病院で死亡した発見しました
33:名無しさん 2016/11/15(火)01:03:49 9Yh
>>32
名前が略されてて草
39:名無しさん 2016/11/15(火)01:09:06 jYQ
一応仙台には川内(かわうち)という地名がある
41:名無しさん 2016/11/15(火)01:09:41 9Yh
>>39
仙台駅(せんだい)
川内駅(かわうち)
川内駅(せんだい)
↑これすこ
40:名無しさん 2016/11/15(火)01:09:40 mkk
>突然彼は川に入った

草生える
42:名無しさん 2016/11/15(火)01:10:08 sRL
ヒェッこんなに文字化けするんか
日→蒙→日バージョン

中日の前に横浜スタジアムのお祝いの故郷
組成物からの三浦は、公共フライホイールと目に見えない敗北を失いました
スタジアム、騒音のファンはどこか圧倒するが息: "今年は、100 L"音
プレーヤー間ウチの椅子に静かに泣いて、バックを開始する前に、一人でバッティング、
多くの人に信じられて勝った後WBC、喜びと感動、から...続き
それを得るために、今はほとんど不可能であることを横浜
涙ウチシリンダーを当てる "私はあなたが知りたいです」
最後の方法を起動すると、予期しないを出産しました
それは疲れたと椅子を背中合わせに失われたようなワインには1は、冷たい現実を感じません
「あー、教育に返却しなければならないものを、「彼ウチの主要な障害は残念そうにつぶやい微笑みました
あなたは突然ウチを伸ばす実現します

「ええと...?...それがゲストです?」
これは、国の銀行の回復を見ているとグランドスタンドは観客だけでなく、に満ちていました
Ttangulrim繰り返しソングフラグ引き裂かchayeoショーは、タスマンベース
国内での耳の声の後ろに誰もがぼんやりと来ませんし、それが付属しています
バック防衛誠一は、私たちが練習してみましょう "ウチの目の声が見たことを「疑うします
「スズキは...? " 「彼もしませんでした」眠気あごを作成しますか? 「
「...コーチ駒田?」 「田起こっている氏ウチ無料駒年金sikyeoyi」
「石井は...」そのようなウチの恐怖として、半分の得点王を見ています
1:拓石井#2:ホール3:久鈴木、4:ローズ5:駒田6回:ウチ7神道8:Danisi 9:斎藤隆
一時内陸川と彼は唖然としたすべてを理解し、彼の心曇りはなかったです
「私が勝つ...勝ちます! "
ケイン1ソーは常にあなたが彼の目に涙を浮かべて、スプリント感じしぶしぶウチのように独立していました...

情報技術の椅子を冷却し、上の次の日は病院で死亡した静か吉村は村田を見つけました
43:名無しさん 2016/11/15(火)01:10:59 9Yh
>>42
>情報技術の椅子を冷却し、上の次の日は病院で死亡した静か吉村は村田を見つけました

意味不明で草
45:名無しさん 2016/11/15(火)01:11:47 nxW
>>42
ガバガバやんけ
44:名無しさん 2016/11/15(火)01:11:47 uqv
打線にも穴はあるんだよな・・・
46:名無しさん 2016/11/15(火)01:12:06 EkY
眠気あごを作成しますか? で草
48:名無しさん 2016/11/15(火)01:14:52 sRL
日→仏→日バージョン

中日の前に彼の故郷の祭典横浜スタジアム
三浦組成物は、パブリックフライホイールと目に見えない敗北を失いました
スタジアム、騒音のファンはどこか圧倒するが息: "今年は、100 L"音
プレーヤー間の椅子ウチに静かに泣いて前に、単独の固執と戻り始め
多くの人に考えWBC、優勝後の喜びと感動、...もっと
得ることは現在ではほとんど不可能であると横浜
ウチのシリンダを泣く "私はあなたが知りたいです」
最後の方法を起動すると、予期しないを出産しました
彼は疲れていたし、戻って椅子に戻って失われたとしてワイン者は、冷たい現実を感じました
「教育に戻す必要がありやれやれは、「彼は悲しげにつぶやいたウチの主要なハンディキャップを微笑ん
あなたは突然ウチを伸ばす実現します

「ええと...?...それがゲストです?」
これは、だけでなく、公共のだった完全な国の回復や銀行のプラットフォームを見ています
タスマン基づく繰り返し光景Ttangulrimを引き裂かれた旗ソングchayeo
国内市場での耳の声の後ろの人はぼんやりと来ていない、それが付属しています
戻る防衛誠一は、私たちが練習してみましょう "ウチの目の声が見たことを「疑うします
「スズキは...?」「彼も「あごの眠気を作成する? "しませんでした
「...コーチ駒田?」 「何がsikyeoyi年金なし田氏ウチ駒を渡します」
「石井は... "ウチの恐怖として、半分に得点王を見ました
1:拓石井#2:ホール3:久鈴木、4:ローズ5:駒田6回:ウチ神道7 8 9 Danisi:斎藤隆
一時屋内川などと彼は唖然としたすべてを理解し、彼の心何の雲がありませんでした
「私が勝つ...勝ちます! "
ケインはまだあなたが彼の目に涙を浮かべて疾走感がしぶしぶウチの独立したようなものだった見ることができました...

椅子は、情報技術に冷却し、病院で死亡した次の日は静かに吉村は村田を見つけました
49:名無しさん 2016/11/15(火)01:16:00 SBj
世界の共通語()エスペラントなら何とかなるやろ(適当)
50:名無しさん 2016/11/15(火)01:16:30 pmd
「誠一は、練習をして、早く帰る」
「誠一、守備の練習は、私たちは早期に行く」
「誠一練習フィールディングは、我々は早期に行く」
「誠一、守備練習、早く行く」
「誠一守備練習である、高速に行こう」
「防衛誠一の練習はレッツゴーです」

毎回この辺で我慢できなくなる
51:名無しさん 2016/11/15(火)01:16:49 EkY
ワイン者
俺達の一員やろか
52:名無しさん 2016/11/15(火)01:16:56 jLB
吉村と村田が中々死ななくて草

ノムリッシュを挟んだらカオスやろうなあ
53:名無しさん 2016/11/15(火)01:19:06 sRL
日→エスペラント→日バージョン

ホーム、日中戦争先発三浦質量はそれが横浜スタジアムで迎えた入院、ファンのため息は、スタジアムの犯罪がどこかから聞いて、勢いを示すことなく、また敗北したエコー帰り音声無音プレイヤーで開始する」
ので、100の損失、今年は "成果との間で、それは今横浜に入った...信頼できるチームメイトであると内川は興奮、喜び、一人でベンチに泣いたWBCの手にバッティングクラウンの昨年言うと、
上記のすべての私のように「ほとんど不可能です...私」内川または渡されたであろう。私は良かった苦痛を流し続けとして、多くの場合、内川は疲れて泣い休眠てしまったようだどうやら冷たいベンチは現実に戻っ引っ張った感じ、びっくり、
目が覚めた、内川ないトレーニングバックに立っていた "ドの増加はやれやれは、「苦笑、内川中につぶやい...飛び出した?
それを「ベンチはあなたが突然実現しましたか "...?訪問者内川は内川のステップを満たしたものだけ観客だったが、それが背中に地震のようにベイスターズの応援ソングを鳴らしたのか分からない唖然とする目は出発千の時点でフラグを振った後、だった、
私は聞き覚えのある声を聞きました、内川は私の目を信じることができなかった声で振り返った
"...鈴木?」「練習を守備誠一は、すぐにgo'll」 「この...駒田カー「何をどのような顎、でも居眠りだった「?」「内川は、雅が引退望ん駒田に利己的になる時のスコアボードを見て何を "、" ...石井
「内川半分パニックが1番でした:拓石井第2ハル号3:久鈴木4号:ローズ5番:駒田6番:内川#7:進藤8号:TaniShigeru 9号:斎藤隆は最近、しかし、内川はあなたがすべてを理解するとき、
「私は勝つ勝つ唖然としたでした... ! "長くない彼の心の中で雲が地上に完全な力をスプリントする中根、内川のグラブを取得し、涙が彼の目に輝い、無関係のベンチで、それが冷えていることを次の日に悔しさ...何か内川に発見し、吉村と村田は病院で静かに渡さ
55:名無しさん 2016/11/15(火)01:26:57 sRL
日→ラテン→日バージョン

三浦日本・中国はミサミサでの戦争は、プレイヤーが問題を保った道を行くために
「100損失に年「ある程度、瞬間を示すことなく、ファンが犯罪スタジアム災害を音喪、入院やスタジアム、横浜を受け、彼は内川昨年のバッティングクラウンWBCは言いました彼に手、叫ぶ、弁護士、もない、喜び、感動、そして「私はのように、私が致します」
それは、したがって、チーム内のすべての忠実に横浜市が、...それの真実は不可能であるた内川のいずれかを介して。
できるだけ頻繁に私はいつもよかったトラブルに流入してきたように、安静時のようです、私が叫んで目が覚めたようだ、と彼はかすか内川だった、
ニュースに冷たい設計抽象を感じ、怖がっ: "私はあなたを懇願、来て増加に伴って、「内川は、システムがそれに戻って来ていない、彼らは顔をしかめつぶやいた、内川はから飛び出しましたか...? "そして知性のどの瞬間の判断で」
、誰が...? 「鈴木...?」私の目を考えていません。この...車のkomad ""も眠くなって、悪い事 "?" 「何内川、と見上げ、私はスコアボードに離れて行きたいが、雅komadであることが判明 "、
"石井は... "恐怖は真っ只中に内川1:いいえ。拓石井号2~3:久鈴木、4:ローズ号5:6番komad:内川#7:進藤号8:いいえ。 TaniShigeru 9:斎藤隆最近、しかし、深い眠りに内川は、すべてのもので、「1勝の勝利は...」
クラウドは、限り、彼らは中根のドラフトを取得しないよう、内川は地球のパワーを実行し、涙の目に輝きが彼女の上にある、と私はしません何も、それは寒かったために悲しむするために、1日で内川...背中の弁護士に表示されていない静かな、と病院に行き、吉村村田
57:名無しさん 2016/11/15(火)01:33:55 sRL
日→アラビア語→日バージョン

ホームは、中国は横浜スタジアムで迎えたラインナップ三浦集団を、開始し、日本の戦争を認め、ファンから安堵のため息を吸い込ん犯罪を唱えピッチも勢いせずに敗北したが表示され、
あなたがどこからか聞こえ道の始まり "今年は、何を行うための100損失です"バックの選手で声が今横浜でそれを取得しています...信頼できる同僚であることだけではベンチ、喜び、感動、
上記のすべてを泣いていたWBCで手にバッティングの王冠のために昨年手頃な価格の内川の間に言った沈黙それは
「私は...私はべきではどうすればよい」内川かが経過した、それはほとんど不可能です。どのくらいの頻度が良かった怒りを流し続けてきた、
そしてそれは内川の叫びは、私が驚いた目が覚めた眠りに明らかに疲れてしまったようだん、内川は訓練を立ち上がっていない苦笑しながらつぶやいた
「脱の伸びがやれやれ」は、、現実に戻っ冷たいベンチを感じて撤回されました内川はから飛び降り...?」ベンチに突然気づいている」が...?内川はその後、目があった訪問者は、フラグは、
「誠一、派遣の練習をちょうど千を出すためになって、公共のポイント背面に地震としてベイスターズ応援歌であるように思われていたものを見つけるためにない驚きであることが内川から、スタンドを埋めていない、と私は聞き覚えのある声を聞きましたかつ迅速に...スズキの
「内川は、私は私の目を信じることができなかった音声に向かって振り返った「?」go'll 「顎、でもそれは何ですか?居眠りなぜ ""この...駒田コーチ?」「石井」を、利己的な駒田が私の退職にしたいなりながら内川が、
私は絵を見て、なぜ "..."内川半分パニックが1番でした:タコ石井2号:ハル3号:久鈴木4号:ローズ5番:駒田のNO.6:内川#7:進藤8号:TaniShigeru 9号:斎藤隆短い期間のために、
しかし、あなたはそれぞれを理解するとき内川は、驚かれるかもしれました何も、
「私は勝つ...勝つません!」地面に完全な力をレースに中根、内川のグラブを取得する彼の心の中で最長ではない、単一のクラウドは、
次の日の悔しさとは無関係な彼の目に光る涙...それはベンチに冷却するために何か、内川だったが発見された、吉村と村田で静かに渡さ病院
58:名無しさん 2016/11/15(火)01:37:51 sRL
おまけ
ノムリッシュ翻訳LV2

本拠地、横浜大聖堂<カテドラル>で迎えた中日最終闘争 先発三浦が大量失点、闇へ葬る魔力よ打線も勢いを見せず惨敗だった スタジアムに響くファンの“竜王のため息(ドラゴンブレス)”、
どこからか聞こえる「今年は100敗だな」の魂のささやき 詠唱破棄で螺旋の内を廻り始める神に選ばれた人種とその眷属の中、昨年の最強戦力打者永遠なるアゥゴは独りベンチで慟哭(な)いていた WBCで血で汚れたこの手にした栄冠、喜び、感動、
──そして、全てを奪われた男は今再び立ち上がる──何より愛にも似た盲目許される運命を共にする仲間メイト・・・ 聖蹟《ソレ》をこの混沌の時代の横浜で得ることは殆ど小数点以下の確率で盗めると言ってよかった
「どうすりゃいいんだ・ of the・」内川は悔し涙を流し続けた どれくらい経ったろうか、永遠なるアゥゴははっと目覚めた
どうやら泣き魂奪われて意識は遠き場所へと誘われてしまったようだ、氷の魔力を秘めるベンチXIIIのクオリアが欲望の語り場に引き戻した
「やれやれ、螺旋の内を廻って修行をしなくちゃな」永遠なるアゥゴは苦笑しながら呟いた 立ち上がって伸びをした砂時計の囁き、内川はその運命はあまりにも突然に気付いた
「遠き場所にありし物・・・理解に至らない神を騙りし者どもが在る…………かつてはそう幻想〈おも〉っていた…………、全ての終わりを告げる神々の・ of the…と言われることも覚悟の上か……?」
ベンチ、それゆえに飛び出したヴァンがサンタルチアにしたのは、外野席…その命の灯火尽きるまで埋めつくさんばかりの観客であった 千切れそうなほどに象徴(シンボル)が振られ、
地鳴りのようにベイスターズの応援歌が響いていた どう云う真実(ウェリタス)か分からずに呆然と不可視の世界(ヴァルハラ)に還る内川の背中に、セーブデータの存在し得ぬ地に時刻む魂のささやきが聞こえてきた
「セイクリッドイチ、守備新次元戦闘だ、早く立ち向かうぞ」断末魔【デュミナ・コール】の方に振り返った内川は魔眼を疑った 「す、全ての終わりを告げる神々の・・スザク枢機卿?」  「なんだアゴ、泡沫の遠視されどしてたのか?」
「こ・・・駒田コーチ?」  「なんだ内川、かってに駒田さんを引退させやがって」 「石井…いや、暴力王“エデン” of the of the・」  永遠なるアゥゴは半分混沌になりながらスコアヴォードゥを見上げた
壱番:石井琢 弐ヴァン:波留 3ターン:鈴木尚 4認識番号:ローズ 伍ヴァン:駒田 6ヴァン:……かもね。でもさ、ウ=ティカワを通じて人の成長を描いた物語 7番:進藤 8ID:谷繁 究番:斎藤隆
暫時、唖然としていた内川であったが、スヴェ・ティ vs 神竜を理解した時、もう分かったであろう…彼の心には雲ひとつ無かった
「克てる、全ての終わりを告げる神々の、全ての終わりを告げる神々の・克てるんだ!」 中根…たとえば預言書の記述からド根性グラブを受け取り、
因果地平の彼方から来たグラウンドへ無の力オーヴァ・ドライヴする事など造作もない内川、その眼【アーク・ファルシ】に光るティアーズは悔しさとは無縁のものだった・、
全ての終わりを告げる神々の・ “審判”を間近に控えたある日、ベンチで冷たくなっている永遠なるアゥゴが発見され、吉村と村田は魔導ラボラトリー深淵で静寂に灼熱の吐息を引き取った
60:名無しさん 2016/11/15(火)01:44:37 sRL
最後に原文貼るの忘れてた

本拠地、横浜スタジアムで迎えた中日戦 先発三浦が大量失点、打線も勢いを見せず惨敗だった スタジアムに響くファンのため息、どこからか聞こえる「今年は100敗だな」の声 無言で帰り始める選手達の中、昨年の首位打者内川は独りベンチで泣いていた
WBCで手にした栄冠、喜び、感動、そして何より信頼できるチームメイト・・・ それを今の横浜で得ることは殆ど不可能と言ってよかった
「どうすりゃいいんだ・・・」内川は悔し涙を流し続けた どれくらい経ったろうか、内川ははっと目覚めた どうやら泣き疲れて眠ってしまったようだ、冷たいベンチの感覚が現実に引き戻した
「やれやれ、帰ってトレーニングをしなくちゃな」内川は苦笑しながら呟いた 立ち上がって伸びをした時、内川はふと気付いた 「あれ・・・?お客さんがいる・・・?」
ベンチから飛び出した内川が目にしたのは、外野席まで埋めつくさんばかりの観客だった 千切れそうなほどに旗が振られ、地鳴りのようにベイスターズの応援歌が響いていた
どういうことか分からずに呆然とする内川の背中に、聞き覚えのある声が聞こえてきた 「セイイチ、守備練習だ、早く行くぞ」声の方に振り返った内川は目を疑った 「す・・・鈴木さん?」
「なんだアゴ、居眠りでもしてたのか?」 「こ・・・駒田コーチ?」  「なんだ内川、かってに駒田さんを引退させやがって」 「石井さん・・・」
内川は半分パニックになりながらスコアボードを見上げた 1番:石井琢 2番:波留 3番:鈴木尚 4番:ローズ 5番:駒田 6番:内川 7番:進藤 8番:谷繁 9番:斎藤隆
暫時、唖然としていた内川だったが、全てを理解した時、もはや彼の心には雲ひとつ無かった 「勝てる・・・勝てるんだ!」
中根からグラブを受け取り、グラウンドへ全力疾走する内川、その目に光る涙は悔しさとは無縁のものだった・・・ 翌日、ベンチで冷たくなっている内川が発見され、吉村と村田は病院内で静かに息を引き取った
61:名無しさん 2016/11/15(火)01:44:56 VqM
だいたい戦争してて草