なんJ PUSH!!

なんJまとめブログ『なんJ PUSH!!』です。野球の話題メインですが、大学・地域・就職・歴史・ゲームなどなんJの様々なジャンルをまとめております。試合速報記事もアップしております。


    94f4062878fefead1da75709ad47477e_t

    1:風吹けば名無し 2020/01/17(金) 19:53:25.32 ID:eFC972of0
    世論調査、死刑制度容認が80% 「廃止すべきだ」は9%
    1/17(金) 17:16配信共同通信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200117-00000137-kyodonews-soci

    容認する人に理由(複数回答)を問うと
    「廃止すれば被害者や家族の気持ちが収まらない」が最多の56.6%で
    「凶悪犯罪は命をもって償うべきだ」の53.6%が続いた。

    廃止を求めた人の理由(複数回答)は「
    裁判に誤りがあったとき、取り返しがつかない」が最多の50.7%
    続いて「生かして罪の償いをさせた方がよい」42.3%の順だった。
    この記事の続きを読む


    1:風吹けば名無し 2020/01/17(金) 21:38:00.16 ID:ID5stA/ra
    gahag-0026139459-1

     現役時代は中日の名二塁手として活躍し「ミスタードラゴンズ」と称された中日元監督の高木守道さんが17日、急性心不全のため名古屋市内で死去した。78歳だった。葬儀は家族葬で営まれる。

     2013年限りで中日の監督を退任していた高木さんは、ここまで大きな持病もなく元気に過ごしていた。今月12日には名古屋市のCBCラジオ「板東サンデー」に出演。パーソナリィーで親友の板東英二さんとともに現役時代の思い出話を披露。同番組では来月15日に名古屋市内でイベントすることも告知されていた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200117-00010058-chuspo-base
    この記事の続きを読む


    1:風吹けば名無し 2020/01/17(金) 19:29:16.37 ID:8nIWtLVm0
    20200117_darvish_gc2-560x373

    今オフ、メジャーリーグを揺るがしている“サイン盗み”問題が思わぬところにまで広がっている。
    ロサンゼルス市議会は、2017年のアストロズ、2018年のレッドソックスのトロフィーを剥奪し、ドジャースに授与するようMLBに求める決議案の採決を1週間以内に行う予定だという。地元紙「LAタイムズ」が伝えている。

     ドジャースは2017、18年と2年連続でワールドシリーズ進出したものの、アストロズ、レッドソックスに2年続けて敗れて世界一を逃していた。
    しかし、今オフ、そのアストロズとレッドソックスに“サイン盗み”疑惑が浮上。
    アストロズは1年間の報酬なしの停職の処分となったジェフ・ルーノーGMとAJ・ヒンチ監督の解任、レッドソックスは2017年までアストロズでベンチコーチを務めていたアレックス・コーラ監督を解任する事態となった。

     記事では、この決議案の発起人の1人であるギル・セディロ市会議員がこの決議案が採択される見込みだと語った事に言及。
    「これは公正と正義のためです。2017年に最高のチームはどこだったでしょうか? 2018年に最高のチームはどこだったでしょうか? ドジャースでした。ズルをしていたチームに負けたのです」としている。

     16日(日本時間17日)時点ではアストロズにはルーノーGMとヒンチ監督の1年間の報酬なしの停職の処分、2020年と2021年のドラフト1巡目と2巡目の指名権剥奪と罰金500万ドル(約5億5100万円)の処分が課され、レッドソックスは調査中となっている。
    今後どのような展開になっていくのか注目が集まってい
    この記事の続きを読む

    chikyugi

    1: 風吹けば名無し 2020/01/15(水) 20:09:09.81 ID:1UGxOH/10
    社会的流動性の機能不全に対処する行動が必要
    1990年代以降所得不平等が拡大しているため、社会的流動性が失速しています。
    これは、社会的に下層にいる人々がほとんど出世できない一方で、最も富裕な人々の大半がその財産を維持しているということです。
    OECDの新報告書、『社会階層のエレベータは壊れているのか?社会的流動性を促進する方法(A Broken Social Elevator? How to Promote Social Mobility)』によると、これは社会的、経済的、政治的に深刻な結果をもたらします。

    本報告書によると、現在の不平等と世代間の所得流動性では、貧しい家庭出身の子供が平均所得に到達するのにOECD諸国平均で少なくとも5世代または150年かかることになります。

    北欧諸国ではそれが2~3世代ですが、新興諸国の中には9世代以上かかる国もあります。
    低所得の父親を持つ子供の3人に1人は自身も低所得となるのに対して、残る2人のほとんどは社会的に上昇するといっても、すぐ上の所得階層への移動に限られています。

    OECD首席補佐官兼G20シェルパでOECDの包摂的成長イニシアチブと雇用・労働・社会問題局の監督を務めるガブリエラ・ラモス氏は次のように述べています。
    「自分たちが発展に取り残されており、子供たちが出世するチャンスはほとんどないと感じている人があまりにも多い。誰もが、特に最も恵まれない環境にある人々が成功するチャンスを得られるようにし、成長を真に包摂的なものにする必要がある。」

    世代間での所得流動性の可能性は、所得不平等が大きい国ほど弱く、不平等が小さい国ほど強くなる傾向があります。

    北欧諸国は不平等を小さく、社会的流動性を高くしているのに対して、南米諸国とその他いくつかの新興諸国では、不平等が大きく流動性は低くなっています。

    本書で観察されている4年間で、約60%の人々が所得階層の最下位20%に停滞していたのに対して、70%が最上位に留まっていました。それと同時に、全ての中流階級の7人に1人、そして低所得により近い人々の5人に1人は、下位20%に転落しました。

    各国は、誰にでもチャンスを与える政策を実施する必要があります。
    教育、特に幼児教育と医療、家族政策への投資を増やすことで、恵まれない環境にいる子供のハンディをなくし、経済的な困難が彼らの将来に及ぼす影響を削減することができます。
    セーフティネットと訓練制度を強化するとともに、社会保障給付制度を仕事ではなく個人と結びつけることで、特に低所得の人々が失業に対処できるようになります。
    https://www.oecd.org/tokyo/newsroom/action-needed-to-tackle-stalled-social-mobility-says-oecd-japanese-version.htm

    no title

    no title

    この記事の続きを読む

    yakin

    1: 風吹けば名無し 2020/01/16(木) 02:27:41.87 ID:Af7ZHYyW0
    ・自分で食べた物と読んだ漫画は自分で片付けろ
    ・休憩中に寝るのは良いが自分で起きろ、毎回オッサンを起こすこっちの身にもなれ
    ・傘立てを出すか出さないかくらい自分の頭で判断しろ、いちいち聞いてくるな
    ・トイレ流せよ
    ・年賀葉書と普通葉書の違いもわからないの?増税の件も知らないし普段なにしてるだよ
    ・ガキの面倒みにきてんじゃねぇんだぞ

    その他色々

    この記事の続きを読む

    large

    1: 風吹けば名無し 2020/01/10(金) 08:55:02.32 ID:Pt05rw2Oa
    今日は何日ですか・試しにかけた… 110番の2割不急
    https://www.asahi.com/articles/ASN185634N18UTIL032.html

     昨年1~11月に全国の警察が受理した110番通報のうち18・4%は緊急の対応が不要な内容だった。
    中には「携帯電話を機種変更したので試しにかけてみた」「酔っ払って帰れない。パトカーで送ってほしい」
    「家の中にゴキブリがいる」「きょうは何日ですか」といったものもあった。
    「110番の日」の10日を前に警察庁がまとめた。

    この記事の続きを読む